投稿

2月, 2020の投稿を表示しています

NBAドラフト2020:ワイズマンの次にビッグマンを選ぶなら

イメージ
Updated 2020 mock draft went live on ESPN yesterday, including scouting reports on nine rising prospects. Here's how our top ten shakes out. Full thing here: https://t.co/iLsoIubW2Upic.twitter.com/2Co5JyPTSE — Jonathan Givony (@DraftExpress) February 18, 2020 常々今年のドラフトはレベルが低いと言ってきたが、ビッグマンに関して言えば来年、再来年のドラフトよりも層は厚い。ビッグマンでのNo1がメンフィス大のジェームス・ワイズマンというのは不動だが、それに次ぐ選手は団子状態。

バーノン・キャリーJr(デューク大)
アイザイア・スチュワート(ワシントン大)
オニエカ・オコングー(USC)
ジェイレン・スミス(メリーランド)

の4人辺りがジェームス・ワイズマンに次ぐTier2を争っている。勿論チームのニーズやスタイルで選手の評価は変わってくるが、この4人の中で誰を選ぶべきだろうか。スタッツとレーティングを見ながらちょっと考えてみたいなと。

正直スタッツは詳しくないので的外れな比較かもしれず...。そこは予めご容赦を。ハイライトは追記するかも。ドラフトコンバインの身体測定結果が出ればそれも追記しようかな。

NBAドラフト2020:今年の推しメン③ メリーランド大のジェイレン・スミス

イメージ
Stix = DOMINANT 💪

2⃣2⃣ points, 1⃣9⃣ boards, 2⃣ blocks for @JalenSmith2000 Tuesday night pic.twitter.com/Dbq0nCAXJo — Maryland Basketball (@TerrapinHoops) February 19, 2020 推しメンの3人目はビッグマンからメリーランド大のジェイレン・スミスを。おそらくフレッシュマン終了時点でアーリーエントリーをしていてもドラフト指名を受けていただろう選手だが、ソフォモアの今季もカレッジに残留し、昨季から大きな成長を見せている。

今年のドラフトではメンフィス大のジェームス・ワイズマンがビッグマンでは上位候補とされ、それに次ぐのはデューク大のバーノン・キャリーJrとワシントン大のアイザイア・スチュアート辺りでどちらもプレーエリアの狭いゴリゴリのインサイド系。

よりオールラウンドで現代的なビッグマンを求めるのであれば、それはジェイレン・スミスだろう。

あの人は今的な感じで、ジュリアン・ニューマンは今

イメージ
IMG handled business against Prodigy Prep ❗️😈 @SLAM_HSpic.twitter.com/DtW0YOD7aF — SLAM (@SLAMonline) February 5, 2020 皆さんはジュリアン・ニューマンをご存じだろうか?華奢で小さな選手であるにも関わらず5年生から高校バスケチームでプレーし、早くから注目を集めてきた選手だ。YouTubeにアップロードされた彼のハイライトやワークアウトの動画の中には、1000万回以上再生された動画もある程の人気選手だ。

早熟の選手は年齢が上がるに連れ、周囲の成長について行けず評価を落とす選手も少なくない。過去にスーパー少額性として注目を集めたジェイショーン・アゴストもD1のロングアイランド大でプレーしているが、NBAには届きそうにない。

長きに渡り高校バスケでプレーしたジュリアン・ニューマンも遂に今年で高校を卒業予定。彼の将来のNBA入りはあるのだろうか。

高校バスケの最優秀選手賞、ネイスミス賞のファイナリスト5名とは?

イメージ
Naismith High School POY Finalists:

•Brandon Boston
•Cade Cunningham
•Jalen Green
•Evan Mobley
•Jalen Suggs — Evan Daniels (@EvanDaniels) February 20, 2020 高校バスケの最優秀選手賞の1つ、Naismith Prep Player of the Year Award(ネイスミス賞)。バスケットボールの考案者であるネイスミス博士の名前を関したこの賞は、2003年のレブロン・ジェームスを始め、多くのスーパースター候補が受賞してきた賞だ。2018年はRJ・バレット、2019年にはアイザイア・スチュワートが受賞している。

今年もこの賞のファイナリスト5名が発表。誰が受賞しても驚きの無い豪華な名前が並ぶが、最有力候補は今季無敗のモントバーデアカデミーのエース、ケイド・カニングハムだろう。

今回はファイナリストに選出された5名のハイライトを。身長は裸足身長ではなく、公称を記載。

NBAドラフト2020:今年の推しメン② ケンタッキー大のタイリース・マキシー

イメージ
Kentucky freshman Tyrese Maxey made a statement on opening night 💪 pic.twitter.com/i4IOwNvfka — ESPN (@espn) November 6, 2019 推しメンの2人目はケンタッキー大のフレッシュマン、タイリース・マキシーを。高校時代からマクドナルドオールアメリカンやフープサミットにも選出されてきた世代を代表するコンボガード。2018年の夏には、世代別USA代表のメンバーとしてU18アメリカ選手権での優勝にも貢献した。

カレッジでの公式戦デビューとなったシーズン初戦の対ミシガン州立大戦(MSU)。当時全米ランキング1位にランクされていたMSUを相手にゲームハイの26得点を上げ、チームを勝利に導く衝撃のデビューを飾った。

その後も強気でスマートなプレーを見せ、フレッシュマンとは思えない活躍を続けている。

class of 2021:遂にCourtside Filmsから田中力君のハイライトが

イメージ
Chikara Tanaka Highlights With IMG Academy! Elite PG Out Of Japan!

VIDEO ➡️ https://t.co/QofcYTT0enpic.twitter.com/bJb5R59d6o — Courtside Films (@CourtsideFilms) February 18, 2020 アメリカの高校バスケで起き入りの選手を見つけるのに役に立つのが、YouTubeにアップロードされるハイライト。大御所のBallislifeに加え、近年多くのアカウントがハイライトをアップロードしてくれるので非常に助かっている。

その中の1つCourtside Filmsから遂にIMGアカデミーでプレーする日本人選手、田中力君のハイライトがアップロードされた。田中力君は日本の高2に相当するclass of 2021に属し、IMGアカデミーでは控えガードとしてプレー。

アメリカでも屈指の強豪校IMGアカデミーで将来のNBA候補生達と切磋琢磨しながら、着実に成長を見せている。

NBAドラフト2020:今年の推しメン① フロリダ大のスコッティ・ルイス

イメージ
Scottie Lewis is on a whole other level 😲 pic.twitter.com/vVirHmjCOp — SEC Network (@SECNetwork) February 19, 2020 ドラフトまであと4カ月余り。そろそろ推しメンの押し売りを始める時期かなと。1人目はフロリダ大のウイング、スコッティ・ルイス。

高校時代は下級生の頃から世代屈指のダンカーとして広く名前を知られた選手。当然マクドナルドオールアメリカンやフープサミットのメンバーにも選出されている。

フロリダ大では派手なスタッツを残してはいないが瞬間的なプレーのインパクトは抜群。優れたクイックネスやウイングスパンをディフェンスでも駆使し、今ドラフトのウイングの中では屈指の2ウェイプレーヤーに成長するポテンシャルを秘めている。

推しなので評価は思いっきり私情に溢れた甘めな評価ですが、予めご了承を。

NBAドラフト2020:実際どうなの、コール・アンソニー

イメージ
今年のドラフトで上位指名候補に名前が挙げられているノースカロライナ大(UNC)のコール・アンソニー。

高校NO1ガードとして鳴り物入りでUNCに入学し、デビュー戦でカンファレンスの新人デビュー記録を更新する34得点を記録。カレッジでの活躍を期待させました。

しかし、その後は膝の故障で戦線離脱し、その間にUNCは大きく負け越し。コール・アンソニーの復帰後も目下6連敗中でシーズン成績は10勝16敗。チームを勝たせることの出来ない彼の実力に疑問の声も上がります。
コール・アンソニーの実力はドラフト上位指名に値するのでしょうか。

ソン・メイカーの従兄弟、マクール・メイカーのエントリーが可能に※2020年7月4日追記

イメージ
Sources: NBA teams were informed that five-star recruit Makur Maker is eligible for the 2020 NBA Draft. | Story: https://t.co/uAxKMETdBrpic.twitter.com/CEvHltGDfg — Evan Daniels (@EvanDaniels) February 17, 2020 2016年のNBAドラフトで1巡目10位指名を受け、NBA入りを果たしたオーストラリア国籍のビッグマン、ソン・メイカー。7フッター級のサイズとガードの様な身のこなしから、将来のスター候補として大きな注目を集めた。

ソン・メイカーの従兄弟でアリゾナの高校年代のチーム、ヒルクレストプレップでプレーしているのがマクール・メイカー。ソン・メイカー同様に7フッター級のサイズと高い機動力を備える注目株で、所属するヒルクレストプレップはディアンドレ・エイトンを輩出した強豪チームだ。

マクール・メイカーが今年のアーリーエントリーを狙っていると噂されてきたが、今回彼のアーリーエントリーが可能となったと報じられている。

注目の2世選手:class of 2023のデュワン・ワグナーJr

イメージ
Dajuan Wagner was a high school legend that once scored 100 points in a game, before starring at Memphis. His son -- Dajuan Wagner Jr. -- is a rising freshman & already looks the part.

“He isn’t scared of anything."

Story: https://t.co/yqeeZnRxIbpic.twitter.com/sMODeXYCoQ — Evan Daniels (@EvanDaniels) July 29, 2019 元NBA選手を父に持つ2世選手の活躍が目立つ昨今の高校バスケ。レブロン・ジェームスの長男、ブロニー・ジェームスは今年高校に入学したばかりにも関わらず、彼の出場する多くの試合がESPNで放映され、大きな注目を集めている。

ところで、ブロニー・ジェームスと同学年にレブロン・ジェームスとチームメイトだった事のある選手の息子がおり、ブロニー・ジェームズ以上の活躍を見せていることをご存じだろうか。その選手の名前はデュワン・ワグナーJr。その名の通り、あのデュワン・ワグナーの息子だ。

シャックの長男、シャリーフ・オニールが父の母校LSUへ

イメージ
Shareef O'Neal, Shaq's son, is following his father's footsteps and will transfer to LSU. https://t.co/cclfpl7KTopic.twitter.com/1k6NeSZu0B — ESPN (@espn) February 15, 2020 シャックことシャキール・オニールの長男、シャリーフ・オニール

高校時代から世代トップ選手の1人と目され、高校バスケを代表するオールスター戦の1つジョーダンブランドクラシックにも選出されています。

高校卒業後は高校卒業後はカリフォルニアの名門UCLAに進学したが、1年目は心臓の手術でレッドシャツに。2年目の今季は健康を取り戻しコートに復帰しましたが、出場機会は伸びませんでした。

シャリーフ・オニールは2020年1月末にUCLAを去る事を公表。転校先に注目が集まる中、2月14日に父の母校であるルイジアナ州立大(LSU)への転校を明らかにしました。

NBAドラフト2020:今年一番の成長株、デイトン大のオビ・トッピン

イメージ
本命不在でアップセットが飛び交う今季のカレッジバスケ。その中で安定して勝利を重ね、目下全米ランキング6位にランクインしているのがデイトン大です。

シーズン序盤のマウイインビテーショナルでは、決勝でカンザス大に敗れたものの、強豪カンファレンスのチームを相手に勝利を重ね、注目を浴びました。

好調のデイトン大を牽引するのはソフォモアフォワードのオビ・トッピン。高校卒業時点では、D1のカレッジから奨学金のオファーが無く、プレップスクールを経由してカレッジに進んだ遅咲きの選手です。

カレッジでも1年目は学業面の問題でRedshirtとなり、公式戦への出場は無し。ソフォモアではありますふが、今季で実質大学は3年目。昨季からも活躍を見せていましたが、今季は一気にカレッジを代表する選手へと成長しました。

今季のカレッジは注目選手の故障や不調も目立ち、オビ・トッピンのNCAAトーナメントでの活躍次第では、ドラフト上位に食い込んでくることも十分に予想されるます。

class of 2022:学年トップガードのディオール・ジョンソンがシラキュース大にコミット

イメージ
100% pic.twitter.com/8IVNtbWlsp — Dior💔 (@3Diorjohnson) February 7, 2020 今年高校を卒業するclass of 2020の選手達の進学先も出揃わない中、早くもclass of 2022の有望選手からコミットが出た。ESPNランキングでclass of 2022の13位にランクされるPGのディオール・ジョンソンが、カーメロ・アンソニーの母校としても知られるシラキュース大へのコミットを発表。ニューヨーク出身の彼にとっては地元への進学を進学を選択したことになる。

シラキュース大のHCであるジム・ボーハイムの息子で、シラキュース大の主力のバディー・ボーハイムとAAUでチームメイトだった事から、シラキュース大は彼が7年生(日本の中1)の頃からリクルートを開始していた様だ。

2022年頃には現行のNBAドラフトのルールが改定され、高卒でのアーリーエントリーが解禁となる見込み。実際にそうなれば、ディオール・ジョンソンの判断も変わってくる可能性がある。

NBAドラフト2020:やっぱりシニアは捨てがたい

イメージ
フレッシュマンが小粒な今季は、即戦力となる実力派のシニアへの期待が高まります。

年齢の高い分、青田買い市場であるドラフトでの指名順位は落ちますが、カレッジでの4年間を通して成長を見せてきたシニアはやはり魅力的。

伸びしろが若い下級生よりも小さいと思われていますが、カレッジでの成長の実績がある分、下級生よりも成長の可能性が高いという見方も出来ます。

今回はウッデン賞候補に選ばれたシニア7人のまとめです。

デューク大がライバル対決に勝利。トレー・ジョーンズが逆転勝利に導く。

イメージ
A battle all night long...

🐏 C. Anthony: 24 pts | 4 ast | 11 reb
😈 T. Jones: 28 pts | 6 ast | 5 reb#ACCMBBpic.twitter.com/1lT7eUtGoL — ACC Men's Basketball (@accmbb) February 9, 2020 カレッジ随一のライバル関係にあるデューク大とノースカロライナ大(UNC)。今季はUNCが絶不調で負け越しているが、両校のプライドがぶつかるこの試合の結果は予測不能だ。

終始UNCがリードする展開となったが、終盤にデューク大がプレスディフェンスと3PT攻勢で猛チャージ。デューク大のトレー・ジョーンズのスーパープレーにより、試合は延長戦にもつれ込んだ。延長戦もUNCが試合を優位に進めたが、最後はデューク大のフレッシュマン、ウェンデル・ムーアのビッグプレーでデューク大が98-96で逆転勝利を収めた。

デューク大のトレー・ジョーンズは28得点6アシスト。UNCではフレッシュマンのコール・アンソニーが24得点11リバウンドを記録した。

コール・アンソニーが復帰も、ノースカロライナ大は連敗

イメージ
Final | #CarolinaFamilypic.twitter.com/4dIPh9Id5O — Carolina Basketball (@UNC_Basketball) February 4, 2020 マイケル・ジョーダンの出身校として知られるカレッジ屈指の強豪校ノースカロライナ大(UNC)。今季は高校No1ガードのコール・アンソニーの獲得に成功し、シーズン開幕前は全米ランキング9位にランクイン。今季もカレッジの主役の1校となることが予想されていたが、得点力不足に悩まされ思わぬの苦戦を続けている。

故障により戦線を離脱していたコール・アンソニーが遂に復帰し、再浮上が期待されたが、対ボストンカレッジ戦、フロリダ州立大戦と接戦を落とし2連敗。シーズン成績は10勝12敗で負け越しており、NCAAトーナメントへの出場は絶望的な状況だ。