投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

マイケル・ポーターJr対マービン・バグリーの高校トップフォワード対決は先輩のポーターJrに軍配。

イメージ
西海岸の強豪高校が集まり、オレゴン州で開催されるトーナメントLes Schwab Invitational(LSI)。
LSIの決勝に残ったのはワシントン州のNathan Haleとカリフォルニア州のSierra Canyon。

Nathan Haleにはclass of 2017のマイケル・ポーターJr、Sierra Canyonにはclass of 2018のマービン・バグリーという学年トップのフォワードがおり、高校トッププレイヤー同士の直接対決が実現した。

Nathan Haleにはポーターの実弟でワシントン大にコミットしているclass of 2018のパワーフォワードのジョンティ・ポーターやclass of 2019の五つ星P.J・フラーがおり、実力も全米屈指。
今季からは元NBAオールスターのブランドン・ロイがチームの指揮を取っている。

対するSierra CanyonにもUCLAコミットのコディ・ライリー等がおり、先日高校トップチームのOak Hillに勝利を上げた。
全国大会の無いアメリカでは評価を上げるためには強豪校への勝利が唯一の手段。
この試合に勝利すれば全米最強校の座に更に一歩近づく。

試合は第3ピリオドにリードを奪ったSierra Canyonが終盤も優位に試合を運んだが、ポーターが最終ピリオドに爆発。
第4ピリオドだけで16得点の活躍で67-65でNathan Haleが逆転勝利を収めた。
試合には敗れたものの、バグリーは大会MVPを獲得した。

日本でもプレーしたチャールズ・オバノンの息子、チャールズ・オバノンJrはUSCにコミット。

イメージ
1995年にUCLAでNCAAトーナメント優勝を経験。
その後、NBAのデトロイトピストンズやヨーロッパのチームを経て、トヨタ自動車アルバルクや東芝ブレイブサンダースなど、日本のチームでプレーしたチャールズ・オバノン。
日本のバスケファンの知名度も高い。

オバノンの息子、チャールズ・オバノンJrは現在高校4年生。(日本の高3)
世代別アメリカ代表候補にも選出される有望高校生の1人。
父や伯父のエドがプレーしたUCLAやカンザス大、オレゴン大、アリゾナ大、テキサス大など多くの強豪校からリクルートを受けていた。

オバノンJrはその中から父と伯父の母校のライバルであるUSCを選択。
USCはこれでこの学年で3人目のコミットを獲得した。

日本でも人気上昇中のザイオン・ウィリアムソンが3試合合計107得点でChick-Fil-A Classicの得点記録を更新。

イメージ
高い身体能力を持ち、ド派手なダンクを繰り出すことで日本でも人気上昇中のclass of 2018のフォワード、ザイオン・ウィリアムソン。
この時期アメリカで開催される有力トーナメントの内の1つ、Chick-Fil-A Classicに出場。

3試合で1勝2敗とウィリアムソンの所属するSpartanburg Day Schoolは負け越したものの、ウィリアムソンは獅子奮迅の活躍。
初戦で53得点を記録すると19得点、35得点と続け、3試合合計で107得点。
大会の個人得点記録を更新した。

Spartanburg Day Schoolの戦ったNational Divisionでは全米トップ校のLa Lumiere Schoolが優勝。
Spartanburg Day Schoolを破ったW.J. Keenan High Schoolを77-58で圧倒し優勝を飾った。

ジョージワシントン大の渡邊雄太。故障からの復帰戦で強豪マイアミ大相手にチームハイの15得点。

イメージ
ジョージワシントン大(GW)で3年目のシーズンを迎えている渡邊雄太。
昨季までの主力が卒業でチームを去り、自身も上級生となったこともあり、エースとして勝負のシーズン。

開幕からチーム2位の平均得点を残し、過去2シーズン以上の活躍を見せていたが、ふくらはぎを故障し7試合戦列を離れることとなった。

復帰戦となった対マイアミ大戦。
マイアミ大は強豪カンファレンスのACCに所属し、昨季もNCAAトーナメントSWEET16に残った実力を持つ。

故障明けのためベンチスタートとなった渡邊。
故障明けながらシューティングが好調で前半だけで3PT3本を含む11得点。
出場33分でチームハイとなる15得点を記録したが、72-64でマイアミ大に屈した。

グレイソン・アレンがイーロン大戦でのテクニカルファウルで無期限の出場停止へ。

イメージ
デューク大の3年生ガード、グレイソン・アレン。
1年生でNCAAトーナメントFINAL4で活躍し、デューク大のNCAAトーナメント制覇に大きく貢献。
2年生の昨季はデューク大のエースとしてデューク大を牽引した。
今季開幕前は大学最優秀選手賞候補の筆頭に名前が上げられていた。

12月22日の対イーロン大戦の前半、マッチアップしていたスティーブン・サンタアナに対して足をかけて転ばせたとして、テクニカルファールをコールされた。
過去にも2度マッチアップ相手に足をかけたことがあるアレン。
昨季の対ルイビル大戦ではフレグラントファールも取られた。

今回のテクニカルファールを受け、デューク大のHCであるコーチKは、アレンの無期限出場停止を判断した。

ハリー・ジャイルズが遂にNCAAデビューを果たすもチームへのフィットにはまだ時間が必要か。

イメージ
デューク大期待のフレッシュマン、ハリー・ジャイルズ。
ESPNランキングでは堂々学年1位にランクされ、鳴り物入りでデューク大に入学したものの、開幕前に膝を手術し、ここまで公式戦の出場は無かった。

12月19日の対テネシー州立大戦で遂にジャイルズがデビュー。
出場時間はたったの4分でシュートを1本放った以外には記録は残らず。
本来の実力を披露するまでには至らなかった。

試合前半からロースコアで苦戦する展開が続いたデューク大だったが、後半に25-5のランで突き放し、65-55でデューク大が勝利。
今季エースへと成長したルーク・ケンナードが24得点、フレッシュマンのジェイソン・テイタムが14得点、グレイソン・アレンが12得点で続いた。
シニアのアミール・ジェファーソンもキャリアハイの18リバウンドで勝利に貢献した。

UCLAの快進撃を支えるもう1人のフレッシュマン、T.J・リーフ。

イメージ
開幕12連勝を続けるUCLA。
平均アシスト数はNCAA全体で1位、平均得点も2位とハイスコアでエキサイティングなゲームを展開。

昨年NCAAトーナメントを逃したUCLAの快進撃の立役者とされるのがフレッシュマンポイントガードのロンゾ・ボール。
高い身体能力と創造性溢れるパスセンスを持ち、多くの速攻を演出。
NCAA2位の平均アシスト数を記録しており、NBAからも高い評価を獲得。
来年のNCAAドラフト上位指名候補に名前が上がる。

ボールと同じくUCLAのスターティングラインナップに名前を連ねるフレッシュマンが、パワーフォワードのT.J・リーフ。
ボールが華やかでプレーでチームを牽引する一方で、リーフはオールラウンドなスキルで“痒い所に手が届く”献身的なプレーでチームを支えている。

日本代表も対戦する可能性のある2017年U-19アメリカ代表は2014年のU-17アメリカ代表を上回るタレント軍団。

イメージ
今夏のU-18アジア選手権で準優勝を収め、2017年のU-19世界選手権の出場権を獲得した日本代表。
日本代表のU-19世界選手権出場は実に18年ぶりの快挙。

2014年のU-17世界選手権では、アメリカ代表に完膚なきまでに叩きのめされた日本代表。
当時のアメリカ代表の中心選手となったclass of 2015の選手達は大学ではあまりパッとしなかった学年。
世界選手権で対戦する可能性のあるアメリカ代表は評判の高いclass of 2017が中心となっており、当時のアメリカ代表を遥かに上回るタレント集団。

マリック・モンクの47得点でケンタッキー大がノースカロライナ大を下す。

イメージ
多くのフレッシュマンを主力として起用するケンタッキー大。
フロアリーダーを務めるディアーロン・フォックス、平均得点チーム1位のスコアラーマリック・モンク、ゴール下で脅威的なパワーを発揮するバム・アデバヨとフレッシュマン主体のチームながら、ここまで9勝1敗と好調な立ち上がり。
対するノースカロライナ大は、昨季のNCAAトーナメントでも活躍したガードのジョエル・ベリー、ウイングのジャスティン・ジャクソン、技巧派ビッグマンのケネディー・ミークスと実力派の上級生が揃う。 こちらもここまで10勝1敗と開幕から好調なスタートを切っている。
試合は一進一退の攻防が続き、最後まで勝敗の行方が分からない好ゲームとなったが、ケンタッキー大のフレッシュマンを記録を更新する47得点を記録したマリック・モンクの逆転3PTもあり、ケンタッキー大が103-100でノースカロライナ大を退けた。

class of 2018:学年NO1プレーヤーのマービン・バグリーがシーズン開幕戦で27得点。

イメージ
class of 2018でブッチギリの評価を受けるマービン・バグリー。
サイズ・技術・身体能力と3拍子揃ったフォワード。
学年全体を見るとclass of 2016、2017に比較するとパッとしない学年にも見えますが、バグリー単体のポテンシャルは他の学年のNO1プレーヤーをも上回ります。

バグリーは2015年の11月にアリゾナのHillcrest Hoops Prep AcademyからカリフォルニアのSierra Canyon Schoolに転校。
しかし、“スポーツが目的の転校”として1年間出場資格が与えれず、公式戦でのプレーが認めらませんでした。。

その為、バグリーが公式戦に出場したのはフレッシュマンだった2014-2015シーズン以来。
実に1年半以上ぶりの公式戦となりました。
久々の公式戦でもバグリーは軽々と27得点を記録する活躍でポテンシャルの高さを見せつけました。

八村塁がミシシッピバレー州立大戦で初の2桁得点。10得点9リバウンドを記録。

イメージ
強豪ゴンザガ大に所属する八村塁。
フロリダ大戦、アイオワ州立大戦と接戦が続いたたため、ローテーション外の八村はここ2戦は続けて出場時間0となっていた。

ゴンザガ大は12月1日にミシシッピバレー州立大と対戦。
ミシシッピバレー州立大はここまで9戦全敗。
前半で20点差以上をつけてゴンザガ大がリードする余裕の展開。

後半残り13分に八村が出場時間を得ると試合終了までコートに残り、10得点9リバウンド1スティールを記録。
アメリカでの過去最高のパフォーマンスを披露した。

ゴンザガ大はこの試合を97-63で勝利。
開幕からの連勝を7まで伸ばした。

ポルジンギス、ベンダーに続くユーロ出身ビッグマン。強豪アリゾナ大を牽引するラウリ・マルカネン。

イメージ
今年アリゾナ大に入学したフィンランド出身のビッグマン、ラウリ・マルカネン。
U-16,U-18,U-20とフィンランド代表としてユーロ選手権に出場。
U-20のユーロ選手権では平均24.9得点を記録し、大会得点王にも輝きました。

マルカネンはフレッシュマンながらここまで平均18.3得点7.6リバウンドでチームを得点、リバウンドでリード。
7フッターながらプレーエリアが広く3PTやドライブなど、多彩なスコアリングパターンを持ち、プレーのインパクトには数字以上のモノがあります。

開幕戦ではミシガン州立大に勝利し、ここまで6勝1敗と好調を維持するアリゾナ大で中心選手として活躍しています。

UCLAロンゾ・ボールの弟、次男リアンジェロ、三男ラメロ、2人で1試合103得点を記録。

イメージ
フレッシュマンPGとしてUCLAをリードするロンゾ・ボール。

高校最終学年ではアベレージでトリプルダブルを記録し、チノヒルズ高校をシーズン無敗でカリフォルニア州制覇に導きました。

チノヒルズ高校では、ロンゾの2人の弟である次男リアンジェロと三男ラメロが今年も健在。2人でチノヒルズのハイスコアリングオフェンスを牽引しています。

現地時間11月30日の試合ではRancho Christian高校と対戦し、128-108で勝利。その試合でリアンジェロが72得点、ラメロが31得点を記録し、2人のみで103得点を荒稼ぎしました。

リアンジェロは前日の試合でも56得点を記録し、連夜のハイパフォーマンスとなりました。シーズン3試合が経過した現在、1試合平均51.3得点という驚異的な数字を叩き出しています。