投稿

5月, 2016の投稿を表示しています

2016-2017シーズン注目チーム:デューク大

イメージ
大学NO1コーチ、コーチKが率いるデューク大。
近年はリクルートでも大成功を収め、2015年には1年生中心のチーム構成でNCAAトーナメントを制覇した。

2015年優勝チームのメンバーの多くがNBA入りし、昨季は経験不足のメンバー構成で及第点のNCAAトーナメントSWEET16。
今季の主力ブランドン・イングラムはアーリーエントリーでチームを去ったが、エースのグレイソン・アレンは残留。

加えて多くの有望な新入生が加入する2016-2017シーズンは優勝候補の一角に挙げられている。

2016-2017シーズン注目チーム:ケンタッキー大

イメージ
NCAAチーム有数の名門校。
ジョン・カリパリがHCに就任して以降、リクルートに力を入れ、全米有数の選手たちが集まる様になった。
昨季はインサイドのルーキーが思った様にカレッジバスケに適応できず、早々とNCAAトーナメントを去った。

2016-2017シーズンはまたも全米トップのリクルートに成功。
スターティング5はほぼ全て昨季から入れ替わることになるだろう。

2016-2017シーズン注目チーム:ノースカロライナ大

イメージ
過去に数多くのNBA選手を輩出してきた名門ノースカロライナ大(UNC)。
近年はかつての様なリクルートの成功は無いが、好成績を残し続ける強豪校。
昨季もNCAAトーナメントで決勝進出。
決勝では劇的なブザービーターで惜しくも優勝を逃した。

チームの中心ブライス・ジョンソン、マーカス・ペイジの4年生コンビが卒業でチームを去り、2016-2017シーズンは他のスターティング5の奮起が求められる。

2016-2017シーズン注目チーム:ヴィラノバ大

イメージ
2016年のNCAAトーナメントを制したヴィラノバ大。
ヴィラノバ大の今夏の補強の上で、最も重要だったのは戦力流出の回避。
昨季のスターティング5の内、4年生ガードのライアン・アルチディアコノと4年生センターのダニエル・オシェフは卒業でチームを去る。
それに加えて残りのスターティング5の3人全員がアーリーエントリーでチームを去る危険性があったが、全員大学への残留を決定。

NBAドラフトで上位指名を受ける様な選手こそいないものの、豊富な経験と確かな実力で来シーズンもNCAAトーナメントの有力候補の1つとなるだろう。

カレッジバスケ2016-2017シーズン注目選手まとめ:ソフォモア編

イメージ
有望選手の多くがワンアンドダンでアーリーエントリーし、1年で大学を去る昨今。
NBAドラフトにおいても、上位指名にはフレッシュマン(1年生)が並ぶ。
一方、大学の適応に時間がかかり、2年目で開花する選手がいることも事実。

今年のドラフトで上位指名が予想されたカリフォルニア大のアイヴァン・ラブも、NBAで成功するためにアーリーエントリーせずに大学に残ることを選択した。
2016-2017シーズンでの活躍が期待される2年生選手をまとめる。

カレッジバスケ2016-2017シーズン注目選手まとめ:ルーキー編

イメージ
昨季よりも有望な選手が多いと言われる2016年入学のルーキー達(class of 2016)。
既に多くの選手は進学先が決定している。
リクルートを見ると有望選手の多くは名門大に進学。
中でもケンタッキー大、デューク大のリクルートの強さは今季も際立っている。

その中で2016-2017シーズンの活躍が予想される有望な選手を紹介する。

天才小学生ジェイショーン・アゴストの現在。

イメージ
今から8年ほど前、天才小学生としてテレビニュースにも取り上げられ、Youtubeで話題になったバスケットボール選手がいた。
名前はジェイショーン・アゴスト。



サイズこそ小さかったものの、小学生とは思えないハンドリング、シュート力を持ち、天才小学生として全米ネットのニュース番組にも出演していた。
現在彼は高校4年生(日本の高3)。

その後の彼はどうなったのだろうか?

2016NBAドラフト:注目のソン・メイカーポテンシャルの高さを証明。

イメージ
過去数年間にわたり、ネクストKGとして注目を集めてきたソン・メイカー。
7フィート級のサイズとガードの様な器用な技術を持つ逸材。
数年前まではドラフト上位候補と言われていた。

しかし、時とともに彼の評価は段々と下火になっていった。
本来であれば、今期は大学に進学する年齢だった。
多くの有名大学からオファーを受けていたものの、進学ではなくプレップスクールで更に1年間を過ごした。

今年のドラフトには大学に進学しないままエントリー。
プレップスクールでの1年間が高校卒業後の1年としてNBAにカウントされ、エントリーが認められた。
現状の実力以上にポテンシャルを評価されている選手のため、コンバインやワークアウトの結果は彼の指名順位を大きく左右する。


父は日本でプロ選手。チャールズ・オバノンjr。

イメージ
チャールズ・オバノンという名前を覚えているのだろうか?
1999年から日本でプロ選手として活躍し、トヨタ、東芝、パナソニックでプレーした選手だ。大学時代は名門UCLAで全米制覇も達成した。

その息子がチャールズ・オバノンJr。ジュニア(日本における高2)で全米トップクラスの高校生の1人。

世代別ナショナルチームの候補にも選出され、NIKEEYBLにもラスベガスプロスペクトの1員として出場している。

NBA史上最高身長選手マヌート・ボルの息子、ボル・ボル。

イメージ
NBA史上、最高身長の選手と知られるマヌート・ボル。その身長は231センチとされています。

ルーキーシーズンには1試合平均5ブロックという驚異の数字を残し、NBA史上唯一通算ブロック数が通算得点を上回る選手でもあります。

その息子が現在高校のソフォモア(日本の高1相当)のボル・ボル。
既に身長は2メートルを超え、将来が嘱望されています。

シャックの息子はオールランドなPF。シャリーフ・オニール。

イメージ
スポーツにおいて遺伝子が重要な要素であることは間違いないでしょう。
NBAにおいても数々のNBA選手の子息が活躍しています。
往年の名シューター、デル・カリーの息子であるステファン・カリーとセス・カリーは兄弟揃ってNBAでプレーしています。
カリーの相方クレイ・トンプソンの父、マイカル・トンプソンはドラフト1位指名を受け、キャリアで2度のチャンピオンシップを獲得した経歴を持つ選手。

2000年代にNBAを席巻し、レイカースを3ピートに導いた怪物シャキール・オニール。
その息子であるシャリーフ・オニールも全米トップクラスの高校生の1人として、既に注目を集め始めています。

NBAドラフト2016:未完の大器マーキス・クリス

イメージ
毎年、ドラフトが近づくに連れて評価を上げる選手は少なくありません。

ワシントン大のフレッシュマン、マーキス・クリスもそんな選手の内の1人です。高校時代はESPNのランキングで学年60位に過ぎなかったクリスですが、進学先のワシントン大では1年目からアスレティックなプレーで活躍。

オールラウンダーへの進化を予感させるセンスも垣間見せ、今では多くの同級生のトップ選手達を押しのけ、NBAドラフトで10位前後での指名が予想されるまでに評価を上げています。

本格的にバスケットボールを始めたのは高校入学後とキャリアの浅いクリスはNBAで成功を収めることができるでしょうか?

2016NBAドラフト:最小選手、ケイ・フェルダー。

イメージ
2mを超える大男がひしめくNBA。
その中でも、たった160cmの身長でNBA史上最低身長選手として10年以上活躍したマグジー・ボーグス。
180cm程度の身長で得点王を獲得し、チームをNBAFinalまで導いたアレン・アイバーソンなど、過去には多くの小兵が活躍してきた。
今季もボストンセルティックスに所属するアイザイア・トーマスはオールスターにも選出された。

今年のNBAドラフトの最低身長選手はケイ・フェルダー。

2016NBAドラフト:下位指名予想のスリーパーは?

イメージ
昨年に比べてスーパースターになるポテンシャルを秘めた選手が少ないと言われている2016NBAドラフト。
一方で1巡目後半から2巡目にかけて、スターにはならないが戦力となりそうな選手は豊富だと言われている。

近年ドラフトでの下位指名の選手の活躍が目立つNBA。
2016NBAドラフトでスリーパー(掘り出し物)になる選手は誰だろうか。

ブランドン・イングラムがLA Lakersで成功する理由。

イメージ
既に確定した2016NBAドラフトの指名順位。
1位指名権を持つ76ersはルイジアナ州立大1年のいベン・シモンズを指名することが濃厚。 2位指名権を持つのはLA Lakers。 指名予想はデューク大の1年生ブランドン・イングラム。
イングラムは現代NBAに求められる要素の多くを兼ね備えており、NBAで成功を収めることが強く期待されている。

NBAドラフトへの駆け引き。ベン・シモンズはドラフトコンバインを回避。

イメージ
ドラフトに先立って行われるドラフトコンバイン。
身長やジャンプ力、アジリティなど、フィジカルなの能力を図る測定会。
今年もドラフト指名が有力視される63名がドラフトコンバインに招待される。

一方で上位指名が予想される選手の中にはドラフトコンバインで評価を下げることを懸念し、コンバインへの参加を拒否する選手も少なくない。
ドラフトを前に指名順位を巡る駆け引きが既に始まっている。

アイヴァン・ラブが大学に留まった理由。

イメージ
カリフォルニア大の1年生パワーフォワード、アイヴァン・ラブ。
1年生ながらポテンシャルが評価され、NBAからも高い評価を得ていた。
ドラフトにエントリーしていればドラフト上位での指名が予想されたが、彼は大学に留まることを選択した。

近年ワン&ダン(大学1年終了時のアーリーエントリー)を選ぶ有望選手が多い中、何故彼は大学に留まることを選んだのだろうか。

class of 2017:学年屈指のスコアラー、マイケル・ポーターjr

イメージ
有望選手が集まるAAU(日本のクラブチームの様なもの。高校を問わず、レベルの高い選手が集まる。)のシーズンが始まり、来季に向けて動きだしているアメリカ高校バスケ。

ポイントガードに有望選手の多かったclass of 2016と比較し、class of 2017はビッグマンに有望選手が多い学年。その中でスコアラーとして高い評価を受けるのが、ミズーリ州ファザートルトン高校のSFマイケル・ポーターjrだ。
コンボフォワードとしてはNBAでも十分通用するサイズに加え、アウトサイドからのシュート精度も高く、全米屈指のスコアラーとして知られている。