投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

2017年NBAドラフト1位候補、名門ダマーサカトリック出身のニュースター、マーケル・フルツ。

イメージ
アメリカ高校バスケの伝統校の1つダマーサカトリック。
長きに渡りディビジョン1の大学やNBA選手を輩出し続け、近年ではビクター・オラディポやジェレミー・グラントがダマーサカトリック出身の選手としてNBAでプレイしている。

そのダマーサカトリックのエースガード、マーケル・フルツがポストシーズンのオールスターゲーム、マクドナルドオールアメリカン、ジョーダンブランドクラシックで活躍し、評価を上げている。
ソフォモア(日本の高1)時点では2軍選手でしかなかったフルツは、この2年で一躍NBA注目の選手に成り上がった。
今夏からはワシントン大に進学する。


高校バスケ年間最優秀選手にジェイソン・テイタムが選出。

イメージ
アメリカで最も人気のスポーツ飲料であるゲータレード。
そのゲータレード社が選出する高校バスケ年間最優秀選手、ゲータレードプレイヤーオブザイヤーにデューク大進学予定のジェイソン・テイタムが選出されました。

この賞はバスケットの他に野球などの他のスポーツでも優れた成績を残した選手を表彰しており、バスケットは1987年から表彰を開始。

過去にはコービー・ブライアント(1996)、レブロン・ジェームズ(2002・2003)、ドワイト・ハワード(2004)、ケビン・ラブ(2007)、アンドリュー・ウィギンス(2013)、カール・アンソニー・タウンズ(2014)等が選出され、NBAスターへの登竜門とも言える賞で、昨年は2016NBAドラフト1位指名最有力のベン・シモンズが選出されています。

数字で見るコービーのキャリア

イメージ
アメリカの大手スポーツ専門チャンネルESPN
コービーの引退に伴ってESPNで
KOBE20
というコービーのキャリアを20の数字から振り返るというコラムがあったので、その中からいくつか面白いなと思った数字を見てみる。

コービー・ブライアント引退試合で60得点!!史上最高の引退試合でのパフォーマンスを見せる。

イメージ
今季で20年のキャリアに幕を閉じるコービー・ブライアント。
既にプレーオフ進出が絶たれたレイカースは4月13日の本拠地ステープルズセンターでのジャズ戦が今季の最終戦、つまりコービーの引退試合となる。

コービーは50本のシュートを放ち60得点を記録。
チームを逆転勝利に導いた。
実況の
「スポーツ史上最高の引退試合」
という言葉通りのパフォーマンスを見せた。
特に試合終盤のパフォーマンスは圧巻で残り1:51から11得点を挙げた。

現役のNBA選手で60得点以上を記録したことがある選手はレブロン・ジェームスとカーメロ・アンソニーのみ。
キャリアで複数回60得点以上を達成したのはウィルト・チェンバレン、マイケル・ジョーダン、エルジン・ベイラーのみという大記録。
勿論引退試合での60得点は史上初。
コービーにとって60得点以上の達成は6度目。

2016年入学最後の大物ジョッシュ・ジャクソン、カンザス大へ。

イメージ
既に多くの有望高校生が進学先を決定する中、進路を発表せずにいたジョッシュ・ジャクソン。
攻守に優れたウイングでU17、U19アメリカ代表にも選出され、世界選手権の優勝に貢献したプレーヤーです。
2014年のU17世界選手権では日本代表とも対戦しています。

全米TOP3の高校生の1人という高い評価を受けており、進学先に大きく注目が集まっていました。
ジャクソンの進学先としてはカンザス大、アリゾナ大、ミシガン州立大が有力候補と見られていましたが、その中からジャクソンが選んだのは名門カンザス大でした。

デンゼル・ヴァレンタインは第二のドレイモンド・グリーンになれるか?

イメージ
2015-2016年シーズン、躍進を続けるゴールデンステイトウォリアーズ。
その中心の1人がドレイモンド・グリーン。
オールスターにも選出され、今や押しも押されぬスターの仲間入りを果たした。
グリーンもNBA入りの際の評価は決して高くなかった。
PFとしては小さく、SFとしてはスローで運動能力に乏しいトゥイナー(どっちつかず)と判断されたからだ。
ドラフトでは2順目35位指名にしか過ぎなかった。

そのグリーンに似ていると言えるのがデンゼル・ヴァレンタインだ。

ケンタッキー大学復権へ。2016年のリクルートは全米NO1評価。

イメージ
近年反則的リクルートでNCAAを席巻してきたケンタッキー大。

しかし、今季に限っては思うような成績を挙げることが出来なかった。FINAL4でウィスコンシン大に敗戦するまで、驚異の38連勝を続けた昨季から、アーリーエントリーや卒業で10名がチームを去った。

それに加えて、インサイドの柱として期待された新入生、スカル・レビシエールが不発。
新入生のジャマール・マレーと2年生のタイラー・ユリスのガードコンビの奮闘だけでは、NCAAトーナメントを駆け上がることは出来なかった。

そんなケンタッキー大だが、2016年の新入生も凄まじく、来季は再度NCAAの主役になることが早くも予想されている。

2016ドラフト予習PF編 カレッジPFトップ5

イメージ
素材系の下級生が多いパワーフォワード。 近年はインサイドの技術に合わせて、アウトサイドの上手さも求められるポジションとなった。 上位指名候補には機動力の高さと器用さを兼ね備えた選手が多い。 そして、今年のドラフトの目玉、ベン・シモンズもこのポジションに。

アメリカ高校バスケ界NO1ポイントガード、ロンゾ・ボール

イメージ
全米NO1の高校生に贈られる、ネイスミスプレッププレイヤーオブザイヤー。
過去にはクリス・ウェバー、ジェイソン・キッド・コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ドワイト・ハワード等が受賞。
近年選出された選手を見ても、アンドリュー・ウィギンズ、ベン・シモンズ等、既にNBAで活躍するそうそうたる顔ぶれが揃う。

今年そのネイスミスアワードを受賞したのは、カリフォルニア州チノヒルズ高校のポイントガードであるロンゾ・ボール。
ボールは所属するチノヒルズ高校を35勝0敗に導き、高校NO1ポイントガードの名前を欲しいままにしてきた。
今回の受賞でボールは名実共に高校バスケ界最高の選手に輝いた。

名実ともに全米高校NO1。チノヒルズ高校無敗でシーズンを終える。

イメージ
アメリカの高校バスケは、実は日本とはルールもスタイルも少し違います。
例えば、日本では24秒のシュートクロックも、アメリカでは30秒や35秒など州によってルールが異なり、シュートクロックを導入していない州も少なくありません。

シュートクロックの違いはスタイルの違いを生みます。
日本より長い時間をかけてオフェンスを展開できるアメリカでは、ハーフコートでのセットオフェンスが主体。
セットオフェンスで時間をかけ、1ポゼッションの成功率を高めるスタイルが取られてきました。
NBAのスーパースター、レブロン・ジェームスの高校時代最後の州大会決勝のスコアは40-36(8分4クオーター制)ということからもその傾向が見て取れます。

そんな常識を破り、圧倒的ハイスコアで快進撃を続けたのがカリフォルニア州のチノヒルズ高校。
8分4クオーターの計32分の中で、100点ゲームを連発する驚異的なオフェンスを披露しています。

ジョージワシントン大NITトーナメント制覇。渡邊雄太初のポストシーズンタイトル獲得。

イメージ
NITトーナメント決勝。
渡邊雄太の所属するジョージワシントン大(GWU)はチーム初のNITトーナメント制覇をかけて、ヴァルパライソ大と対戦。
NITトーナメントはNCAAトーナメントより歴史が古く、当初はNITトーナメント王者=全米王者として扱われていたほど、格式高い大会。
前半32-31と1点リードで終えたGWU。
後半に入るとじわじわと差を広げ、中盤には2ケタリード。
その後は点差を縮められること無く76-60で勝利。
GWU史上初のNITトーナメント制覇を達成した。
GWUがレギュラーシーズン後のポストシーズンでトーナメントを制したのはこれが初めて。
期待されていたNCAAトーナメントへの出場こそ逃したものの、チームの歴史に残る結果を残したシーズンとなった。