投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

2018-2019シーズン高校バスケ注目校

イメージ
Montverde Academy Eagles 2017-18 national champions.

Welcome to the club. pic.twitter.com/f8XY8nwZlG — Montverde Basketball (@MVABasketball) 2018年4月1日 昨季の高校バスケは世代NO1プレーヤーを擁したMontverde Academy(MVA)の全米招待優勝で幕を閉じました。
MVAはシーズン開幕前から、全米招待制覇の最有力候補に挙げられ、無敗のままシーズンを締めくくりました。

2018-2019シーズンの開幕を前に、多くの有力選手が転校。
有力選手の獲得に成功したOak Hill Academy(OHA)、IMG Academy(IMG)、昨季の全米招待優勝校のMVA辺りが2018-2019シーズンの注目校となりそうです。

マービン・バグリーの弟、マーカス・バグリーがカリフォルニアの強豪校へ転校

イメージ
Marcus Bagley has enrolled at Sheldon, the defending CIF NorCal Open Division champion. pic.twitter.com/uAaFNiKehf — AZ Finest Mixtape (@AzFinestMixtape) 2018年8月25日 今年のドラフトで全体2位指名を受け、サクラメントキングスに入団したマービン・バグリー。
彼の弟でclass of 2020のウイングプレーヤー、マーカス・バグリーが兄の所属球団のお膝元であるサクラメントのSheldon High School(SHS)に転入しました。

ビッグマンの兄とは異なり、オールラウンドなウイングプレーヤーのマーカス。
まだまだ成長の途上にあるプレーヤーですが、才能が開花すれば兄同様にNBA入りが期待される選手です。

バグリー家には三男のマートレイ(9歳くらいだっけ?)もおり、三兄弟揃ってのNBA入りもあるかもしれません。

ジェームス・ワイズマン、ジェイレン・グリーンがSLAM Summer ClassicでMVPを獲得。

イメージ
Ramsey 🆚 Stanley.

1:00PM.

Who ya’ got⁉️ pic.twitter.com/HjGueFabFh — SLAM (@SLAMonline) 2018年8月18日 米バスケットボール専門誌SLAMが、高校生を対象としたオールスターイベントとして第一回目となるSLAM Summer Classicをニューヨークのダイクマンパークで開催しました。

総勢20名の高校生プレーヤーがTeam RamseyとTeam Stanleyの2チームに分かれ、熱戦を繰り広げ、class of 2019のジェームス・ワイズマン、class of 2020のジェイレン・グリーンがMVPを受賞しました。

デューク大のカナダ遠征でR.J・バレットとザイオン・ウィリアムソンが大暴れ。

イメージ
Sights and sounds from our first win on the #DukeCanadaTour 🇨🇦🔵😈💪🤩🎥 pic.twitter.com/aXlvjfoIFX — Duke Basketball (@DukeMBB) 2018年8月16日
今年も多くの有望フレッシュマンを獲得したデューク大はシーズン開幕前にカナダ遠征を敢行。
このカナダ遠征で、デューク大はカナダの大学3校とNCAAルールではなく、FIBAルールで対戦します。

既にライアーソン大、トロント大の2校と対戦し、2戦2勝。
注目フレッシュマンであるR.J・バレットとザイオン・ウィリアムソンが活躍し、チームを牽引しています。

八村塁がNike Basketball Academyのメンバーに選出。

イメージ
Wishing the best of luck to our guy @rui_8mura at the 2018 Nike Basketball Academy in L.A. He is just 1⃣ of 2⃣5⃣ college players in the nation to be invited to the prestigious camp!
📰: https://t.co/dBzqXoTjN6pic.twitter.com/IVJ29hM1S8 — Gonzaga Basketball (@ZagMBB) 2018年8月9日 NCAAの強豪校ゴンザガ大で活躍を続ける八村塁。
NBA入りが期待される八村ですが、LAで開催されるNikeの招待キャンプ、Nike Basketball Academy 2018の参加メンバーに選出されたと報じられています。

このキャンプにはアメリカのトップレベルの高校生37名、有力大学生25名がメンバーに選出されています。

来年のドラフト上位指名が予想されているR.J・バレット等は選出されていませんが、実力派の大学生が選出されており、ここでの活躍で八村君の評価は更に高まることとなるでしょう。

田中力君の留学先、IMGアカデミーのチームメイトが凄いことになりそうです。

イメージ
Excited for Chikara “@Lil_JokerB4L “ Tanaka to join the @IMGAcademy#IMGFam next year. @japantimeshttps://t.co/IKOwrKqGxH — IMG Academy Bball (@IMGABasketball) 2018年6月8日 日本バスケットボール界の期待の星、田中力君の留学先であるIMGアカデミー。
日本では錦織圭を輩出した学校として有名ですが、バスケットボールでも全米レベルの強豪校として知られています。

今年の夏もU18USA代表のアルマンド・ベイコットとジェレマイア・ロビンソン-アールが転校で加入。
昨年からのメンバーには、オーストラリア出身の五つ星ウイングのジョッシュ・グリーンや、アスレティックなガードのノア・ファラカン、規格外のサイズを誇るチョル・マリアルがおり、タレント層は全米屈指。

バコットは"全米招待で優勝をしたい"という希望を持ち、IMGアカデミーに転校。
全米招待優勝も夢では無い豪華メンバーが揃いました。



NCAAが大規模なルール変更を決定。NBAドラフトへの影響も。

The NCAA Board of Governors and DI Board of Directors adopted a series of significant policy and legislative changes.

Learn more: https://t.co/kZBdTC6L6npic.twitter.com/J4cGVLp7Dn — NCAA (@NCAA) 2018年8月8日 全米体育協会(NCAA)がNBAドラフトへのアーリーエントリー、高校生選手のリクルート及びNBAドラフトエントリーにも関わる大規模なルール変更を決定しました。
今回のルール変更は、FBIによるNCAAの高校生選手へのリクルートにおける贈収賄捜査が大きく影響していると考えられます。
また、NBAは2021年頃に高卒選手のNBAドラフトへのエントリーを解禁する方向と見られており、今回のルール変更はその変更も睨んでのモノでしょう。

気になった変更点をまとめますが、正確に詳細を確認したい方は、こちらをご参照ください。


D.J・ジェフリーズのケンタッキー大へのコミットを撤回

イメージ
James Wiseman, DJ Jeffries, Trendon Watford pic.twitter.com/LeKGGP1Tah — Eliteboss (@icesumsung) 2018年7月31日 class of 2019で一早くケンタッキー大(UK)への進学をコミットしていたD.J・ジェフリーズ。
ジェフリーズは7月31日にTwitter上でUKへのコミットを撤回し、再度進学先探しを始める事を公表。

このジェフリーズの決断には、アンフェニー・ハーダウェイ(ペニー)のメンフィス大HCへの就任が大きく関係している模様です。
ジェフリーズは夏のAAUでペニーが関わる"Team Penny"でプレーをしてきた選手。
ジェフリーズのUKコミット後にペニーのメンフィス大HC就任が公表。
UKへのコミットを撤回したジェフリーズは、メンフィス大への進学が有力と見られています。

近年のカレッジバスケットボールでは、デューク大とUKが新入生のリクルートで猛威を振るってきましたが、ペニーのHC就任により、メンフィス大はこの2校を脅かす存在になりそうです。

来るシーズンに向けて有力選手の転校が相次ぐ。

イメージ
NYC ➡️ Oak Hill Academy @The_ColeAnthonypic.twitter.com/56Fsj4qywX — Hoop Major (@hoopmajorhm) 2018年7月30日 高校バスケもAAUシーズンの山場を終え、段々と今秋から始まるシーズンに向けて動き始めています。
毎年のことながら、最上級生となる有力選手の中から、更なる成長を求めて全米級の強豪校に転校する選手が出てきます。
今年も御多分に漏れず、最上級生となるclass of 2019が激しく動いています。

学年NO1ガードのコール・アンソニーはNYのArchbishop Molloyから、全米屈指の強豪校であるOak Hill Academyへの転校を表明しました。