NBA選手の平均身長は?ポジション別コンバインまとめ【総集編】

これまでポイントガードからセンターまで5つのポジション全ての身体測定結果をまとめてきたので、今回は総集編です。

改めて書いておきますが、今回は2015-2019年の5年間分のNBAドラフトコンバインでの身体測定結果をまとめています。コンバインの参加者はNBAでのドラフト指名が有力視される候補生達。

身体測定を回避する選手、身体測定に参加したけれどNBA入りを果たせなかった選手もいますが、概ねNBAの実情に近い結果であると予想をしています。

ポジション別のまとめについては下からどうぞ。

過去5年のドラフトコンバインまとめ【PG編】
過去5年のドラフトコンバインまとめ【PF編】
過去5年のドラフトコンバインまとめ【C編】


ポジション別身体測定結果

ポジション裸足身長(cm)靴込身長(cm)体重(kg)体脂肪率(%)ウイングスパン
(cm)
スタンディング
リーチ(cm)
PG185.69189.0484.135.89198.18247.20
SG192.08195.4090.696.32204.56254.34
SF197.04200.5295.706.39210.02262.43
PF203.03206.15102.866.77216.52271.47
C208.37211.82110.148.12222.67280.27
全体平均196.93200.2696.336.63210.02262.58

全体の平均身長は196.93cmという結果に

早速ですが、上の表が過去5年間のコンバイン参加者の身体測定結果まとめです。

今回のまとめでは、裸足身長の平均が196.93cm、靴込身長の平均が200.26cmという結果になりました。裸足身長は皆さんのイメージよりも少し小さいかもしれませんが、靴込みの身長を見れば、概ねイメージ通りでは無いでしょうか。

スモールフォワードの裸足身長197.04cmまでであれば、日本人にとっても不可能ではない数値の様に思えますが、実はウイングスパンやスタンディングリーチの数字が凄いのです。

ウイングスパンやスタンディングリーチは?

日本では中々ウイングスパンやスタンディングリーチを測る結果が無いため、今回の結果がどれ程なのか、中々イメージしにくいかもしれません。

ウイングスパンは両手を広げた長さで、スタンディングリーチは頭上に腕を上げた時の高さ。どこまでの範囲を守れるのか、どこまでの高さに届くのかを示すとても重要な数字です。

日本人期待のプレーヤーである、渡邊雄太が2018年ドラフト前に行った身体測定結果は下記の通りでした。

裸足身長:203.2cm

体重:87kg

ウイングスパン:208.3cm

スタンディングリーチ:266.7cm

裸足身長、スタンディングリーチはスモールフォワードの平均を上回っていますが、ウイングスパンは日本人離れした渡邊雄太であっても平均以下。NBA選手の身体が如何に人間離れしているかという事が分かります。

身体測定結果を知るとNBAの見方も変わるかも

身体測定結果は各選手のプレーにも大きく影響しています。ディフェンスに優れる選手であれば、ウイングスパンが長い傾向にあり、アンダーサイズであってもそれを感じさせないプレーヤーはウイングスパンやスタンディングリーチが秀でている傾向にあります。

気になったプレーヤーの身体測定結果を調べてみれば、新たな気づきを得られるかもしれません。