投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

class of 2020:残る大物たちの進路は?

イメージ
Where you want to see Jalen Green hoop in college?! 🦄 @JalenRomandepic.twitter.com/LvocP2E4hu — SLAM HS Hoops (@SLAM_HS) March 24, 2020 高校バスケのシーズンも終わり、最上級生のclass of 2020では既に多くの有力選手が来季の進路を決定済み。しかし、その進路を決定していない少数派は超大物ばかり。ESPNで5星にランクされる27名の内、進路を決定していないのは僅か5名だが、その内の4名がTOP10位にランクインしているNBAドラフトで上位指名級のスーパースターだ。

筆頭はESPNランキング1位のジェイレン・グリーンで、彼等の選択次第では来季のカレッジの勢力図は大きく変わってくるだろう。オーバーン大、メンフィス大、ミシガン大等が複数の選手の候補先に残っており、現在リクルートランキング1位のケンタッキー大を上回る可能性もある。

ケンタッキー大のジョニー・ジュザンが転校へ

イメージ
🖤 pic.twitter.com/nl5EQZsygG — Johnny Juzang (@JohnnyJuzang) March 27, 2020 ケンタッキー大(UK)のフレッシュマン、ジョニー・ジュザン。ベトナム人の母を持つシューターは、学年変更をし1年早くケンタッキー大に入学したが、今季の出場時間は1試合平均12.3分に留まった。U17USA代表候補にも選出されたジュザンであっても、強豪のUKで活躍の場を得ることは容易ではなかった。

新型コロナの影響によるシーズンの終了を受け、ジュザンはUKを離れ転校する事を表明した。UKでは活躍することは出来なかったが、優秀なシューターであるジュザンは他校からのニーズも高いだろう。

ジュザンは転校先候補としてオレゴン大、テキサス工科大、アリゾナ大、UCLA、ビラノバ大、ノートルダム大の6校を挙げている。

巣ごもり向け:カレッジ・高校バスケ動画まとめ

イメージ
NCAA cancels remaining winter and spring championships: https://t.co/qzKAS4McEIpic.twitter.com/G6XreZx35E — NCAA (@NCAA) March 12, 2020 新型コロナウイルスの蔓延を受け、NCAAトーナメントは中止。世界中で自宅待機要請が出る中、巣ごもり向けでカレッジ・高校バスケ動画のまとめを。

NCAAのオフィシャルアカウントも過去の名勝負をどんどん流してくれている。カレッジバスケには興味が無い方も現在NBAで活躍する選手の大学時代に興味があれば。

高校バスケに関してはフルゲームとまでは言えないけれど、豪華メンバーの対戦のハイライトがアップロードされているのでおススメ。良いチャンネルが見つかれば追記を頑張ろうかな...。

NBAドラフト2020:今年のビッグマン候補まとめ

イメージ
PGまとめからちょっと時間が経ってしまいましたが、ビッグマンまとめを。

レベルが低いと言われる今年のドラフト候補だけれど、ビッグマンの層は割と厚い。現代的なビッグマンは少数だけれど、粗削りな素材は揃っているので、各チームの育成次第では物になりそう。

タレントで言えば高校時代に高校最優秀選手賞を受賞しているワイズマンが、実績で言えば今季のカレッジ最優秀賞を受賞しているオビ・トッピンが一歩抜けている印象です。

デューク大のバーノン・キャリーJrが最優秀フレッシュマン賞を受賞

イメージ
🚨😈🚨😈🚨😈🚨#BIGVERN is the 2️⃣0️⃣2️⃣0️⃣ National Freshman of the Year‼️

🙌👏 @vernoncarey22 👏🙌

💪💪💪💪💪💪💪 pic.twitter.com/XZcO66VesM — Duke Men’s Basketball (@DukeMBB) March 25, 2020 全米で最も優れたフレッシュマンに贈られるUSBWA National Freshman of the Year。

昨年はデューク大のザイオン・ウィリアムソンが受賞したこの賞を、今年もデューク大のバーノン・キャリーJrが受賞。キャリーはコンセンサス2ndチームオールアメリカにも選出されており、今回の選出も納得の結果です。

2014年からだけでもジャバリ・パーカー、ジャリル・オカフォー、ザイオン、キャリーと4人ものデューク大生がこの賞を受賞。そして2014年以降の受賞者全員がその年のドラフトで1巡目5位以内で指名を受けている。

キャリーも1巡目での指名が予想されてますが、現状の評価では流石に5位以内での指名は厳しいかな。

NBA2世選手:高校バスケ界の2世選手まとめ

イメージ
ケニオン・マーティンJrがドラフトにアーリーエントリーをしたので、その流れでNBAの2世選手まとめを。最近カレッジ、高校での活躍が目立つ2世選手。

カレッジでは、ノースカロライナ大のコール・アンソニー(グレッグ・アンソニーの息子)やインディアナ大のトレイス・ジャクソン-デイビス(デイル・デイビスの息子)がその筆頭でしょうか。

今回は高校生選手のみのまとめで、今年卒業するclass of 2020からclass of 2023までの選手を。

参考に載せられるハイライトが無いので今回は触れていないけれど、class of 2021でディケンベ・ムトンボは今後注目度が上がってきそうな予感。

NBAドラフト2021:ケニオン・マーティンJrもエントリーへ

イメージ
IMG Academy’s Kenyon Martin Jr. has declared for the 2020 NBA Draft, per @wojespn

(via @brhoops) pic.twitter.com/M1LrpCh6zx — Bleacher Report CBB (@br_CBB) March 25, 2020 近年活躍が目覚ましい2世選手からドラフトへのエントリーが。今季IMGアカデミーのPost Graduateのチームでプレーしていたケニオン・マーティンJrが今年のドラフトへのエントリーを表明した。勿論その名の通り、2000年のNBAドラフトで1巡目1位指名を受けたケニオン・マーティンの息子である。

高校では、今季デューク大で活躍したカシアス・スタンリーやスコッティ・ピッペンの息子であるスコッティ・ピッペンJr等とプレー。シエラキャニオンスクールのカリフォルニア州大会制覇に貢献した。

当初は高校卒業後にスコッティ・ピッペンJrと共にバンダービルト大に進学予定だったが、プロ行きを模索するとして撤回。結局IMGアカデミーのPost Graduateチームに落ち着いていた。

IMGアカデミーと言えば、日本人にとっては田中力が所属しているチームとして御馴染み。ケニオン・マーティンJrは高校卒業後の選手も所属するPost Graduateのチームでプレーしているので、田中力とは別のチーム。

NBAドラフト2020:デイトン大のオビ・トッピンがAP最優秀選手賞とネイスミス賞を受賞し個人賞を総なめ

イメージ
OBI. TOPPIN. The BEST player in College Basketball‼️

Congratulations to @otoppin1 on being named the @AP Player of the Year #Vote4Obi // #JoinTheFightpic.twitter.com/o7C57WQOyt — Dayton Basketball (@DaytonMBB) March 24, 2020 今年のカレッジバスケの主役の1人、デイトン大のオビ・トッピン。シーズン序盤のマウイインビテーショナルでのプレーで一躍脚光を浴び、そのままスターダムを駆け上がった。平均20得点7.5リバウンドの活躍でデイトン大を牽引。中堅校とみなされていたデイトン大をAPランキング3位に押し上げ、年間最優秀選手に贈られるのAP National Player of the Year (AP最優秀選手賞)を受賞した。

ちなみにデイトン大のHCであるアンソニー・グラントもトッピンと並びAP最優秀コーチ賞に選出されている。同チームから最優秀選手賞と最優秀コーチ賞が選出されるのは過去40年で2度目の快挙とのこと。

昨年のジャー・モラントの様に、毎シーズン評価を劇的に飛躍させる選手が出てくるが、今季はオビ・トッピンがそれに当たるので、今回の受賞は納得の人選。トッピンは今年のNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明しており、1巡目上位での指名が予想されている。

class of 2021:学年TOPガードの1人、クリスチャン・ランダーがインディアナ大にコミット

イメージ
I want to say thank you to all of the coaches that have ever recruited me and that have taken the time out their day to do so. This was a long thought out decision but I’ve decided on the college I will be attending .....STAYING HOME ⚪️🔴 GO HOOSIERS pic.twitter.com/P0HgzBqUJg — Khristian Lander (@khristianlander) February 26, 2020 ちょっと前の話になってしまうけれど、class of 2021(日本の高2相当)の有望選手のコミットの話。世代別USA代表候補にも選出されている学年トップガードの1人、クリスチャン・ランダーが彼の地元であるインディアナ大にコミット。

今のところ、class of 2021の上位選手で既に進学先を決めているのはランダーとデューク大にコミットしているAJ・グリフィン(元NBA選手であるエイドリアン・グリフィンの息子!!)の2人のみ。

最近のリクルート戦線では、選手自らがリクルート活動を展開するケースも多く、早い段階での有望選手は大きなプラスとなるだろう。

トリプルダブル製造機、ジェイレン・ジョンソンはデューク大へ

イメージ
5⭐️ Jalen Johnson is headed to Duke University. @Jalen_J23pic.twitter.com/HBCQeXpiJT — TIPTON EDITS 🏀 (@TiptonEdits) July 4, 2019 ケイド・カニングハム、スコッティ・バーンズのモントバーデコンビに続いての有望フレッシュマン3人目はデューク大のジェイレン・ジョンソンを。

ブランドン・イングラム、ジェイソン・テイタム、RJ・バレット、キャメロン・レディッシュと近年有望なオールラウンダーを続々とNBAに送り込んでいるデューク大。ジョンソンは彼等に次ぐだけの才能を持った選手。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。
オクラホマ州立大:ケイド・カニングハム フロリダ州立大:スコッティ・バーンズ USC:エバン・モーブリー スタンフォード大:ザイアー・ウィリアムス アリゾナ州立大:ジョッシュ・クリストファー バージニア大:ジャブリ・アブドゥル-ラヒム オーバーン大:シャリーフ・クーパー LSU:キャム・トーマス

高校No1のハードワーカー、スコッティ・バーンズはフロリダ州立大へ

イメージ
I am proud to be announcing that next year I will be playing for Coach Hamilton and his staff at Florida State University. To all the coaches, mentors, teachers, and family members that have molded and helped me to get to this point in my journey thank you! pic.twitter.com/rMQDwXLNZf — Scott Barnes (@ScottBarnes561) October 14, 2019 オクラホマ州立大のケイド・カニングハムに続いての有望フレッシュマン2人目はフロリダ州立大に予定のスコッティ・バーンズ。モントバーデアカデミーでのカニングハムのチームメイトでもある。

下級生の頃から世代別USA代表に選出されてきたこの学年屈指のエリートプレーヤー。オールラウンダーとして高い評価を受けているが、彼の最大の魅力は感情を剥き出しにした情熱的なプレーだろう。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。
オクラホマ州立大:ケイド・カニングハム デューク大:ジェイレン・ジョンソン USC:エバン・モーブリー スタンフォード大:ザイアー・ウィリアムス アリゾナ州立大:ジョッシュ・クリストファー バージニア大:ジャブリ・アブドゥル-ラヒム オーバーン大:シャリーフ・クーパー LSU:キャム・トーマス

高校No1プレーヤー、ケイド・カニングハムはオクラホマ州立大へ

イメージ
Fear God, not them. pic.twitter.com/1zfJUOrFsA — Cade Cunningham (@CadeCunningham_) December 27, 2019 残念ながら今季のカレッジバスケも新型コロナウイルスの蔓延により急に終わりを迎えてしまった。マーチマッドネスの無い春は味気ないけれど、気分を切り替え来季に向けて有望フレッシュマンまとめを。

初回は今季の高校バスケを代表する選手、ケイド・カニングハムを。推しメンのジェイレン・グリーンからにしようかなとも思ったけれど、進学先はまだ未定だし、今季の高校バスケ界を代表する選手はカニングハムをおいて他にいないかなと。

所属校のモントバーデアカデミーをシーズン無敗に牽引し、高校バスケの年間最優秀選手に贈られるネイスミス賞も受賞。現時点での完成度では、高校バスケ界で最も優れる選手はカニングハムで間違いないだろう。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。
フロリダ州立大:スコッティ・バーンズ デューク大:ジェイレン・ジョンソン USC:エバン・モーブリー スタンフォード大:ザイアー・ウィリアムス アリゾナ州立大:ジョッシュ・クリストファー バージニア大:ジャブリ・アブドゥル-ラヒム オーバーン大:シャリーフ・クーパー
LSU:キャム・トーマス
テネシー大:ジェイデン・スプリンガー
ケンタッキー大:テレンス・クラーク

NBAドラフト2020:ドラ1候補最有力のコンボガード、アンソニー・エドワーズ

イメージ
ANTHONY EDWARDS 💥😱 #SCtop10pic.twitter.com/kxI5LeJGjp — SEC Network (@SECNetwork) February 22, 2020 今年のドラフト1位指名の有力候補、ジョージア大のアンソニー・エドワーズ。シーズン開幕前に高い評価を得ていた選手達が怪我や不調で評価を下げる中、スケールの大きなプレーを見せ、その評価を上げています。

ステップバックからの3PTなどの多彩な得点技術とディフェンスとの巧みな駆け引き、オフェンスをコントロールするハンドリングと視野の広さ、恵まれた体格を持ちディフェンスでのポテンシャルも秀でるとても現代的な選手です。

ジョージア大のHCがドウェイン・ウェイドとビクター・オラディポを育てたコーチであることから、その2人に例えられることが多いが、正直あまり似ていないかなと。

難しいプルアップからの3PTを軸に点を重ねている所はドノバン・ミッチェルやキャメロン・レディッシュと、オールラウンドなウイングという点では、昨季デューク大でプレーしたRJ・バレットと系統は似ている気がしています。

NBAドラフト2020:今年のPG候補まとめ

イメージ
新型コロナウイルスの影響により、カレッジのシーズンはカンファレンストーナメント半ばで急遽終わりを迎えました。

トーナメントに向かっていた気持ちをぶつける所が無いので、ドラフトまとめを始めます。まずは今年豊富なPGから。

身長やウイングスパンなんかはコンバインの結果が出れば、更新したいところ。コンバインやドラフト自体予定通り行われるかはまだ不透明ではありますが...。

新型コロナウイルスによりNCAAトーナメントは無観客試合に

イメージ
NCAA President Mark Emmert statement on limiting attendance at NCAA events: https://t.co/TIHHJjdse5pic.twitter.com/8I1HdceDfN — NCAA (@NCAA) March 11, 2020 アメリカの春の風物詩の1つ、NCAAトーナメント。全米大学バスケットボールNo1決定戦の熱狂はマーチマッドネスとまで呼ばれるほど。2010年に結ばれたNCAAトーナメントの放映権契約は14年間で108億ドルに及んだことからも、アメリカにおいてNCAAトーナメントが如何に大きなイベントかが伺えるだろう。

今回、世界的なコロナウイルスの蔓延を受け、NCAAはNCAAトーナメントを選手、スタッフ、家族を除いて一般客を入れない無観客試合として開催する事を決定した。

同日、NBAは選手の1人から新型コロナウイルスの陽性判定が出たことから、シーズンの中断を発表している。

NBAドラフト2022:将来のドラフト上位候補!ネイスミスオールアメリカ選出の下級生

イメージ
Emoni Bates gave out buckets of every fashion tonight! 🔥 @BatesEmonipic.twitter.com/V02aFF96HG — SLAM HS Hoops (@SLAM_HS) March 4, 2020 全米の高校生の中から優秀な選手を選出して発表されるNaismith National High School All-America Team(ネイスミスオールアメリカ)。今年も1stチームから3rdチームに加え、Honorable Mentionが発表された。

1stチームから3rdチームまでの計15人の内、下級生で選出をされたのは2ndチーム、3rdチームから各2人ずつの各4人。彼等は2022年のNBAドラフトで中心となることが予想される選手達。皆オールラウンドなスキルを備える現代的な選手ばかりだ。

2021年のドラフトはSG寄りのウイングが豊富な年と予想されるが、2022年はそれより大型なSF寄りのオールラウンダーが充実した年となりそう。2022年は高卒アーリーエントリーが解禁の見込で、その辺りも注目する必要がある。

デューク大のトレー・ジョーンズがACCの最優秀選手賞と最優秀ディフェンス選手賞を同時受賞

イメージ
🚨 BREAKING: @Tre3Jones is your

2️⃣0️⃣2️⃣0️⃣ ACC PLAYER OF THE YEAR

‼️AND‼️

2️⃣0️⃣2️⃣0️⃣ ACC DEFENSIVE PLAYER OF THE YEAR

🔒💪🚨😈‼️😈🚨💪🔒 pic.twitter.com/NXwVc2yXOu — Duke Men’s Basketball (@DukeMBB) March 9, 2020 デューク大のソフォモアガード、トレー・ジョーンズ。2015年にデューク大を全米制覇に導いたタイアス・ジョーンズを兄に持つ。

昨季終了時点でアーリーエントリーをしていれば1巡目指名でのNBA入りの可能性もあったが、カレッジに残る道を選んだ。今季はチームリーダーとしてデューク大を牽引し、若いデューク大をカンファレンス2位に導いた。

その活躍により、ジョーンズはデューク大の所属カンファレンスであるACCの最優秀選手賞と最優秀ディフェンス賞を同時受賞。ACCでこの2つの賞を同時に受賞した選手は2016年のマルコム・ブログドンのみ。ジョーンズの同時受賞は史上2人目の快挙となった。

NBAドラフト2020:それでも僕はジェームス・ワイズマンを1位に推す

イメージ
NCAAトーナメントが控える中、6月のドラフトに向け少しずつドラフトの輪郭がハッキリとしてきています。現状では、ジョージア大のフレッシュマン、アンソニー・エドワーズが1位指名の有力候補と目されます。

エドワーズは当たり出したら止まらないアウトサイドシュート、ディフェンスとの駆け引きの巧さ、ディフェンスでの高いポテンシャルを備える将来有望なウイング。広い視野とパスセンスにも光るものを持ち、優れたハンドラーへの成長が期待されます。

しかしながら、僕の1位指名の鉄板はメンフィス大のフレッシュマン、ジェームス・ワイズマン。

大学入学前の金銭受取の問題により、NCAAのアマチュア規定に抵触。出場停止処分を受け、その処分期間中に大学を去る決断をした為、結局彼のカレッジでのキャリアは僅か3試合で終わりを迎えてしまった。

それでも、その3試合でワイズマンが他を寄せ付けないポテンシャルを見せつけた事実は揺るぎません。まだ素材型の選手ですが、将来オールスターに成長するだけの素質を有する選手である事に疑いの余地はないでしょう。

カール・マローン賞はオビ・トッピンとジェイレン・スミスの争いか

イメージ
Naismith Memorial Basketball Hall of Fame Announces Five Finalists for 2020 @TheDeliverer_32 Award. #MaloneAward@DellTech | @EphesusLighting

📰: https://t.co/2n3BnkHVkzpic.twitter.com/872vYrqzma — Basketball HOF (@Hoophall) March 5, 2020 カレッジの最優秀PFに贈られるカール・マローン賞。昨年はデューク大のザイオン・ウィリアムソン、一昨年はアリゾナ大のディアンドレ・エイトンがこの賞を受賞。2年連続でフレッシュマンが受賞してきた賞だが、今年はフレッシュマンの候補者はゼロ。

ヨーリ―・チャイルズ/BYU/シニアオビ・トッピン/デイトン大/ソフォモアキリアン・ティリー/ゴンザガ大/シニアジェイレン・スミス/メリーランド大/ソフォモアレジ―・ペリー/ミシシッピ州立大/ソフォモア
最有力候補者は今季快進撃を続けるデイトン大のエースであるオビ・トッピンだろう。活躍のインパクト、実績共に他の候補者を一歩リードしている。

カレッジ最優秀PG、ボブ・クージー賞の候補者が出揃う

イメージ
Naismith Memorial Basketball Hall of Fame Announces Five Finalists for 2020 Bob Cousy Point Guard Award. #CousyAward@DellTech | @EphesusLighting

📰: https://t.co/51m8sVU2WCpic.twitter.com/tgnr6OreQN — Basketball HOF (@Hoophall) March 2, 2020
カレッジ最優秀のPGに贈られるボブ・クージー賞。昨季はジャー・モラントが受賞したこの賞のファイナリスト5名が発表された。候補者は下記の通り。
トレー・ジョーンズ/デューク大/ソフォモアデボン・ドットソン/カンザス大/ソフォモアマーカス・ハワード/マーケット大/シニアペイトン・プリチャード/オレゴン大/シニアマラカイ・フリン/サンディエゴ州立大/ジュニア マーカス・ハワードは2年連続でのファイナリスト。昨季ファイナリストに入ったミシガン州立大のカシアス・ウインストンは今季は選出から漏れた。

ケンタッキー大の最重要プレーヤーは誰なのか

イメージ
For the 49th time we’re @SEC Regular-Season Champs.#TGT - - 𝗧he 𝗚reatest 𝗧radition 😼🏀 pic.twitter.com/gQfNVus3Xy — Kentucky Basketball (@KentuckyMBB) February 29, 2020 毎年有望な選手をNBAに送り出しているケンタッキー大。今年も多くのドラフト候補を擁し、所属カンファレンスであるSECのレギュラーシーズンを制した。

主力全員がNBA候補というチーム構成の中、主力5人(アシュトン・ヘイゲンス、タイリース・マキシー、イマニュエル・クイックリー、EJ・モンゴメリー、ニック・リチャーズ)の中で、ケンタッキー大の最重要プレーヤーは誰なのだろうか。

最近お気に入りのレーティングからちょっと考えてみようかなと。

NBAドラフト2020:今年の推しメン④ USCのオニエカ・オコングー

イメージ
Another huge dunk from @BigO21_ 💪💪💪 pic.twitter.com/EMjUv6Qqpf — USC Men's Basketball (@USC_Hoops) February 24, 2020 推しメン4人目はまたもビッグマンを。ということでUSCのフレッシュマン、オニエカ・オコングー。彼の場合はプレーが好きというだけでなく、他の選手とはちょっと違う思い入れも。

というのも彼は高校時代カリフォルニアのチノヒルズハイスクールでボール3兄弟とプレーしていたプレーヤー。フレッシュマンから3兄弟に並んでスターティングメンバ―としてチノヒルズのインサイドを支えてきたのがオコングーです。当時はヒョロヒョロだった彼も身体を成長させ、今では随分頼もしくなりました。

地元カリフォルニアのUSCに進学後は入学前の評価以上のプレーを見せ、1巡目上位指名候補にも名前が挙がります。