高校No1プレーヤー、ケイド・カニングハムはオクラホマ州立大へ

残念ながら今季のカレッジバスケも新型コロナウイルスの蔓延により急に終わりを迎えてしまった。マーチマッドネスの無い春は味気ないけれど、気分を切り替え来季に向けて有望フレッシュマンまとめを。

初回は今季の高校バスケを代表する選手、ケイド・カニングハムを。推しメンのジェイレン・グリーンからにしようかなとも思ったけれど、進学先はまだ未定だし、今季の高校バスケ界を代表する選手はカニングハムをおいて他にいないかなと。

所属校のモントバーデアカデミーをシーズン無敗に牽引し、高校バスケの年間最優秀選手に贈られるネイスミス賞も受賞。現時点での完成度では、高校バスケ界で最も優れる選手はカニングハムで間違いないだろう。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。

プロフィール

氏名ケイド・カニングハム
カレッジオクラホマ州立大
ESPN
ランキング
2位(2020)
生年月日2001年9月25日
ポジションPG
出身校モントバーデアカデミー
(フロリダ州)
主な個人賞ネイスミス最優秀選手賞
Max Preps最優秀選手賞
マクドナルドオールアメリカン
特記事項ビーガンとして知られている。
兄はオクラホマ州立大でコーチングスタッフを務めるキャネン・カニングハム。
長所・NBAレベルでも稀な純正大型ガード
・穴の無いオフェンススキル
・サイズを利したボールマンディフェンス
懸念事項・強いて言えばクイックネスに欠ける

身体測定結果

靴有身長(cm)裸足身長(cm)体重(kg)ウイングスパン(cm)スタンディング
リーチ(cm)
備考
198.1-98.5214.0-2019Nike Academyでの数値

ハイライト

完成度の高い大型PG

今季ノースカロライナ大でプレーしたコール・アンソニーはカレッジでこそ思う様な活躍を見せることが出来なかったが、高校時点では近年稀に見る完成度を誇るプレーヤーだったことは、マクドナルドオールアメリカン等の主要オールスターゲーム全てで最優秀選手賞を受賞したことからも明らかだった。

そのアンソニーにも劣らない完成度に加え2m級のサイズ、強靭な肉体を誇るのがモントバーデアカデミーのケイド・カニングハム。ジュニア(日本の高2相当)のシーズンから名門モントバーデアカデミーでプレー。前任校でカイリー・アービングやマイケル・キッド-ギルクリストを、モントバーデアカデミーでディアンジェロ・ラッセル、ベン・シモンズ、RJ・バレットを育てた名将ケビン・ボイルの指導の下、メキメキと頭角を現した。モントバーデアカデミー加入の時点でも既に学年10位前後の評価を受けていた選手だったが、学年TOP3に入る選手に駆け上がった。

昨年の夏にはジェイレン・グリーン、ジェイレン・サッグス、スコッティ・バーンズ等と共に高校生ながらU19USA代表メンバーに選出され、スターティングメンバ―の一角として世界制覇に貢献。決勝でもチーム最多の出場時間を得ていたことからも、彼がどれ程重要な選手だったかが分かるだろう。

シニア(日本の高3相当)となった今季は、U19でのチームメイトでもあったスコッティ・バーンズがモントバーデアカデミーが加入。高校屈指のオールラウンダーであるカニングハムとバーンズに加え、全てのポジションにNBA候補を揃えたモントバーデアカデミーは他を寄せ付けない圧倒的な強さでシーズン無敗を貫き、史上最強のチームとの呼び声も高かった。

成長の陰に兄の存在


カニングハムがゲームコントロール、アウトサイドシュート、ディフェンスと高校生選手が苦手としがちな項目も押さえる穴の無い選手ということは日本でも知られ始めているが、彼の成長の陰に兄であるキャネン・カニングハムの存在があることはあまり知られていないかもしれない。

キャネンはSMUで名将ラリー・ブラウンの指導を受けた後、1シーズン海外のプロチームでプレーし、コーチに転向。2018-2019シーズンはマイク・ダンリービーSrがHCを務めるテュレーン大でビデオ部門を担当し、今季からはオクラホマ州立大(OKST)のアシスタントコーチを務めている。

カニングハムが決して強豪とは言えないオクラホマ州立大への進学を決めたのも、キャネンの存在があったからだ。ちなみに、有望選手獲得の為に親族をコーチングスタッフに迎え入れるのはよくある手法。マイケル・ポーターJrもカニングハムと同学年のスター、エバン・モーブリーもその手法によって進学先を決めている。

カニングハムがジュニアになる2018年のシーズン、キャネンはカニングハムにPGとしてのゲームコントロールを学ばせる為、AAUで敢えて最上級生のU17のチームではなく、U16のチームでプレーをさせた。2019年のAAUでは、カニングハムの弱点であったアウトサイドからの得点にフォーカスさせ、得点能力を大幅に進化させた。

カニングハムの集大成とも言える今季、カニングハムはフロアリーダーとしてスター軍団のモントバーデアカデミーをリード。ゲームコントロールとアウトサイドシュートに加え、強靭なフィジカルを駆使したディフェンスでも対戦チームのエースをシャットアウト。高校生とは思えない完成度の高いプレーを披露した。

ESPNランキングではジェイレン・グリーンとエバン・モーブリーに次ぐ3位だが、現時点での実力であれば、カニングハムを上回る選手は高校バスケ界にいないだろう。

オクラホマ州立大の命運を握る

カニングハムの進学先であるオクラホマ州立大は、カンザス大やベイラー大等の強豪がひしめくカンファレンス、Big 12に所属し、今季はカンファレンスゲームでの成績7勝11敗でカンファレンス7位。2017年を最後にNCAAトーナメントからも遠ざかっている。

上級生にはU19でチームメイトだったアイザック・ライクルが在籍し、カニングハムのAAUでのチームメイトも入学することで、リクルートも例年よりは良いが、Big 12の上位校に対抗するのには厳しい。

モントバーデの先輩であるベン・シモンズも強豪ではなかったLSUに進学し、NCAAトーナメント出場を逃した様に、カニングハムにとっても楽なシーズンにはならないだろう。カレッジとは言え、1人の力でチームを勝利に導くことは今の時代では難しく、カニングハムにあまりに多くのことを期待するのは酷だろう。

タレント不足により、カニングハムには複数のポジションでのプレーが要求されると予想され、彼の万能性をフルに発揮することが出来れば、2021年のドラフト1位指名も見えてくるだろう。