投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

2016-2017カレッジシーズン開幕目前。注目選手・有力ルーキーまとめSEC編。

イメージ
Big TenにつづいてSEC編。
SECにはフロリダ大、テキサスA&M大、昨季ベン・シモンズが所属したLSU等有名校、人気校が揃う。
近年リクルートで根こそぎ有望選手をかっさらい、毎年NBAに複数の選手を送り込むケンタッキー大もSECに所属。

NCAAトーナメントにもテキサスA&M大、ケンタッキー大、ヴァンダービルド大の計3校が出場し、最高成績はテキサスA&M大のSWEET16。

全米強豪高校紹介:全米屈指の名門校オークヒルアカデミー。

イメージ
4 years ago in Madison Square Garden! #ThrowbackThursdaypic.twitter.com/S5YewTLgbr — Steve Smith (@OHACoachSmith) April 2, 2020 日本にも能代工業や洛南高校、北陸高校、福岡大付属大濠高校など、強豪と呼ばれる高校がある様に、アメリカにも多くのバスケットボールの強豪校が存在する。

その中でも全米屈指の強豪校として長きに渡り名を馳せるのがヴァージニア州のオークヒルアカデミー。カーメロ・アンソニーやレイジョン・ロンドを始め数々のNBAプレイヤーを輩出。ケビン・デュラントもモントロスクリスチャンアカデミーで日本人選手の伊藤大司とプレーする前には、オークヒルアカデミーでプレーしていた。

昨季も全米No1高校を決める招待トーナメント、DICK'S ナショナルズで優勝を果たし、実質的な全米王者に輝いた。今シーズンも多くの有望選手を擁し、全米屈指の注目校だ。

2016-2017カレッジシーズン開幕目前。注目選手・有力ルーキーまとめBig Ten編。

イメージ
前回のPAC-12に引き続き今回はBig Ten。
ミシガン州立大、ウィスコンシン大、メリーランド大、インディアナ大、オハイオ州立大と名門校が並ぶ強豪カンファレンス。

昨年はインディアナ、アイオワ、メリーランド、ミシガン、ミシガン州立、パデュー、ウィスコンシンの計7校がBig TenからNCAAトーナメントに進出。
ちなみにBig tenという名称ながら、現在は14校が所属している。

class of 2020:世代別アメリカ代表に選出。シャリーフ・アブドゥル-ラヒームの息子、ジャブリ。

イメージ
シャックの息子が注目を浴び、ゲイリー・トレントjr等2世プレイヤーの活躍が目立つ昨今。 今年9年生に進級したclass of 2020でも元NBA選手の息子が上位にランクイン。
アイバーソン、コービー、ナッシュ等多くの名だたる選手を輩出した1996年ドラフトで3位と高順位での指名を受けたシャリーフ・アブドゥル-ラヒーム。 2002年にはアトランタホークスからオールスターにも選出された。
そのシャリーフの息子、ジャブリ・アブドゥル-ラヒームが世代別アメリカ代表候補として、10月に開催されるミニキャンプに招聘された。

2017NBAドラフト予習用まとめ。class of 2015を上回るタレント軍団class of 2016。

イメージ
まだNBAもカレッジも開幕前。
少し気も早い気がするが、昨年大学に入学したclass of 2015と今年のフレッシュマンclass of 2016の比較。

この学年も例年通りデューク、ケンタッキーに有望選手が集中。
特にケンタッキーはスターティングの大半がフレッシュマンで構成されることが間違いない程に、フレッシュマンに依存したロースター。

class of 2015もベン・シモンズにブランドン・イングラムと注目の選手を輩出したが、スター候補の数、選手層の厚さのどちらにおいてもclass of 2016が上回ると見られている。
class of 2016には身体能力の高いガード、ウイングが揃い、来年のドラフトは今年以上にチームの運命を左右するものとなるだろう。

サイズよりもウイングスパンとスタンディングリーチ?脅威のリーチを持つ選手達。

イメージ
選手の身体計測結果を見ていてよく思うのが、"バスケットにおいてはサイズよりもウイングスパンとスタンディングリーチの方が重要なんじゃない?"ということ。

ドレイモンド・グリーンを始め、アンダーサイズでも活躍する選手の多くはウイングスパンに恵まれています。

有望選手としてESPNのランキングやドラフト上位指名を受ける選手も、ウイングスパンやスタンディングリーチに秀でているケースが多く、要確認項目と言えます。

※2020年6月8日に更新し、2015年~2019年のドラフトコンバインでウイングスパンとスタンディングリーチにおいて好結果を残した選手をまとめています。

class of 2017:ディアンドレ・エイトンはアリゾナ大にコミット。

イメージ
class of 2017のトップセンター、ディアンドレ・エイトン。
7フッターのサイズ、3PTまで沈めるシュートエリアを持ち、将来性の高さを評価されるビッグマン。
大学バスケの勢力図には大きく影響を与える逸材で、その進路には注目が集まっていた。

エイトンが遂に進路を発表。
名門アリゾナ大へのコミットを表明した。
アリゾナ大はNCAAきっての人気校でリクルートでは常に上位。
エイトンのリクルート成功は今後の有力選手リクルートにもプラス。
ケンタッキー、デュークの独占が続くリクルーティング市場の布石となるか。