オールラウンダーのテレンス・クラークはケンタッキー大へ

プレップの強豪であるブリュースターアカデミー出身のコンボガード、テレンス・クラーク。ウイングとして恵まれたサイズとウイングスパンを有しながら、キレの良いハンドリングと視野の広さを併せ持ち、将来性の非常に高いプレーヤーです。class of 2021から2020に学年変更した。

ケンタッキー大は昨季の主力だったガードのイマニュエル・クイックリー、アシュトン・ヘイゲンス、タイリース・マキシーの3枚全てがアーリーエントリーでチームを離脱して、ガード不足が懸念される中、クラークにはハンドラーとしてゲームメイクも期待されます。

今年の新入生にはクラークだけでなく、BJ・ボストン、デビン・アスキュー、アイザイア・ジャクソンと有望選手が並びますが、万能性という点で最も秀でているクラークを僕は推しています。


今季カレッジに進学する有望フレッシュマンについてはこちらも是非。

プロフィール

氏名テレンス・クラーク
カレッジケンタッキー大
生年月日2001年9月6日
ESPN
ランキング
9位(2020)
ポジションSG/SF
出身校ブリュースターアカデミー
(ニューハンプシャー州)
主な個人賞マクドナルドオールアメリカン
ジョーダンブランドクラシック
特記事項class of 2021から2020へ学年変更。
長所・ウイングとして恵まれたサイズとウイングスパン
・器用なハンドリングと広い視野
・リバウンドにも積極的に飛ぶ
懸念事項・判断力は改善の余地有り
・アウトサイドシュートの安定感

ハイライト


抜群のセンスを見せるコンボガード

名門プレップであるブリュースターアカデミー出身のコンボガード、テレンス・クラーク。ブリュースターアカデミーは、日本代表のシェーファー・アヴィ幸樹の出身校でもあります。

ウイングの選手ではありますが、ハンドリングやパスセンスに優れ、ボールハンドラーとしてゲームメイクも任せる事の出来る流行りのタイプのオールラウンダー。恵まれた身体を駆使し、リバウンドにも強さを見せている。デューク大からNBA入りを果たしたキャメロン・レディッシュにも似た底知れぬセンスを感じさせます。

強豪プレップでプレーしていたこともあり、組織的なプレーやチームプレーも押さえているのは、ケンタッキー大の様なスター軍団でプレーする上でプラスに作用するはず。

昨季の主力ガードが揃ってアーリーエントリーし、新入生ガードのデビン・アスキューはコントロールよりも得点力に優れるタイプ。今季はクラークがゲームをコントロールする時間も長くなりそうです。

主力がほぼ全員抜けたケンタッキー大

昨季のスターティング5が全員アーリーエントリーし、転校生も出てしまったケンタッキー大で、昨季から試合に絡んでいたのはコンボフォワードのキーオン・ブルックスのみ。そのブルックスも平均出場時間は15.1分で平均4.5得点の選手で、主力ではありませんでした。

例年主力選手が入れ替わり、経験不足が課題とされるケンタッキー大ですが、今季はその課題がより顕著に。ビッグマン不足も深刻な課題で、ウェイクフォレスト大からの転校生、オリビエ・サーの今季からのプレーが認められなければ、インサイドの層はここ数年のケンタッキー大の中で最も薄いチームになります。

課題も多いケンタッキー大ですが、テレンス・クラークに加え、ESPNランキング6位のBJ・ボストンが並ぶウイングのタレントは全米屈指。スムースなスコアラーのボストン、多彩なスキルが魅力のクラークは対戦相手を常に悩ませることになるでしょう。