NBAドラフト2020:それでも僕はジェームス・ワイズマンを1位に推す

まだNCAAトーナメントが控えているが、6月のドラフトに向け少しずつドラフトの輪郭がハッキリとしてきている。ジョージア大のフレッシュマン、アンソニー・エドワーズがシーズンを通じて評価を上げ、1位指名の有力候補と目されています。

エドワーズは当たり出したら止まらないアウトサイドシュート、ディフェンスとの駆け引きの巧さ、ディフェンスでの高いポテンシャルを備える将来有望なウイング。広い視野とパスセンスにも光るものを持ち、優れたハンドラーへの成長が期待されている。

しかしながら、私の1位指名の鉄板はメンフィス大のフレッシュマン、ジェームス・ワイズマン。

大学入学前の金銭受取の問題により、NCAAのアマチュア規定に抵触。出場停止処分を受け、その処分期間中に大学を去る決断をした為、結局彼のカレッジでのキャリアは僅か3試合で終わりを迎えてしまった。

それでも、その3試合でワイズマンが他を寄せ付けないポテンシャルを見せつけた事実は揺るがない。まだ素材型の選手であるが、将来オールスターに成長するだけの素質を有する選手である事に疑いの余地はないでしょう。

プロフィール


氏名ジェームス・ワイズマン
カレッジメンフィス大
学年フレッシュマン
生年月日2001年3月31日
ESPN
ランキング
1位(2019)
ポジションC
出身校メンフィスイーストハイスクール
(メンフィス州)
主な個人賞ゲータレード最優秀選手賞
モーガン・ウッテン賞
マクドナルドオールアメリカン
ジョーダンブランドクラシック
フープサミット
特記事項AAU、高校、カレッジと全てでペニーの下でプレーしたペニーの秘蔵っ子。
長所・圧倒的なサイズとウイングスパン
・ガードの様な機動力とクイックネス
・シュートタッチはよく、オフェンスも伸びしろが大きい
懸念事項・フィジカルコンタクト
・オフェンススキルはブラッシュアップが必要

身体測定結果比較

靴有身長(cm)裸足身長(cm)体重(kg)ウイングスパン(cm)スタンディング
リーチ(cm)
備考
ジェームス・ワイズマン214.6212.1104.8228.6283.22018年USA代表候補キャンプでの数値
C平均211.8208.4110.1222.7280.32015~2019年のコンバイン平均

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
2376.90.070.44.36.310.7
ASTBLKSTLPFTOPTS
0.330.31.7119.7

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
28.70%149.680.169.5077.90%23.90%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
29.10%26.80%4.40%0.80%13.60%7.30%

ハイライト

恵まれたフィジカル

誰の目にも明らかなのが、ジェームス・ワイズマンが身体的に秀でたビッグマンであるということ。

2018年のUSA代表合宿での身体測定結果は身長、ウイングスパン、スタンディングリーチの全てで、2015-2019のドラフトコンバインでのセンターの身体測定結果を上回ります。当時ワイズマンは17歳。現在は更に身長やウイングスパンが伸びていても驚きは有りません。

ワイズマンはその高さに加えて、ガードの様な機動力を備えている事はハイライトだけを見ても一目で分かります。

これまでの実績も超一流

カレッジの公式戦で僅か3試合しかプレーしなかった事による実績不足が懸念事項とされるワイズマンですが、高校までの実績は超一流。

U16USA代表に選出され、アメリカ選手権で優勝を経験。マクドナルドオールアメリカンを始めとした高校バスケ界の3大オールスターゲームに出場と輝かしい実績を誇るワイズマンですが、中でも最も注目すべきはゲータレード賞の受賞でしょう。

アメリカ高校バスケで最優秀の選手に贈られるこの賞は、過去にコービー・ブライアント、レブロン・ジェームス、ドワイト・ハワードといった錚々たるメンバーが受賞してきた栄誉ある賞。

最近の受賞者にもベン・シモンズ、ジェイソン・テイタム、マイケル・ポーターJrとNBAのスター候補が並びます。

カレッジでの実績こそ乏しいワイズマンですが、高校までの経歴には文句の付け様がなく、下級生の頃から注目を浴び続け、これほどまでの経歴を誇るワイズマンに実績不足を懸念する必要はないでしょう。

今後数年はビッグマンにスター候補不足

2018年のドラフトはビッグマンが豊作だったが、7フッター級のビッグマンはいつの時代も貴重な存在。

今後数年でドラフトの目玉となる様なビッグマンになる選手は限られており、今の所で候補となるのはclass of 2020のエバン・モーブリーとclass of 2022のジェイレン・デューレン辺りでしょうか。

class of 2020のエバン・モーブリー


class of 2022のジェイレン・デューレン

7フッターのサイズ、長いウイングスパン、高い機動力をワイズマンの様なレベルで備える選手は数年に1度の貴重な存在。希少性という意味でもワイズマンは1位指名を受けるべき選手でしょう。

今年の様な本命不在のドラフトでは、1位指名は指名権を保有するチームのニーズによっても変動するが、私にとっての1位指名の鉄板はジェームス・ワイズマンで不動です。

現在第一線でプレーしていないことで評価が上下するが、ドラフトプロセスでのワークアウトを通じて、1位指名の本命に返り咲くと予想しています。