NBAドラフト2020:ドラ1候補最有力のコンボガード、アンソニー・エドワーズ

今年のドラフト1位指名の有力候補、ジョージア大のアンソニー・エドワーズ。シーズン開幕前に高い評価を得ていた選手達が怪我や不調で評価を下げる中、スケールの大きなプレーを見せ、その評価を上げています。

ステップバックからの3PTなどの多彩な得点技術とディフェンスとの巧みな駆け引き、オフェンスをコントロールするハンドリングと視野の広さ、恵まれた体格を持ちディフェンスでのポテンシャルも秀でるとても現代的な選手です。

ジョージア大のHCがドウェイン・ウェイドとビクター・オラディポを育てたコーチであることから、その2人に例えられることが多いが、正直あまり似ていないかなと。

難しいプルアップからの3PTを軸に点を重ねている所はドノバン・ミッチェルやキャメロン・レディッシュと、オールラウンドなウイングという点では、昨季デューク大でプレーしたRJ・バレットと系統は似ている気がしています。

プロフィール


氏名アンソニー・エドワーズ
カレッジジョージア大
学年フレッシュマン
生年月日2001年8月5日
ESPN
ランキング
4位(2019)
ポジションSG
出身校ホーリースピリット
プレップスクール
(ジョージア州)
主な個人賞2ndチームオールSEC(2020)
SEC最優秀フレッシュマン賞(2020)
マクドナルドオールアメリカン(2019)
ジョーダンブランドクラシック(2019)
フープサミット(2019)
特記事項高校でclass of 2020からclass of 2019へ学年変更
長所・恵まれたウイングスパンと強靭なフィジカル
・当たり出したら止まらないアウトサイドシュート
・ディフェンスとの巧みな駆け引き
懸念事項・好不調の波が激しいシューティング

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
3340.229.477.20.84.55.2
ASTBLKSTLPFTOPTS
2.80.61.32.22.719.1

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
30.40%105.2102.72.5052.60%2.80%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
16.00%9.50%17.90%2.30%1.70%13.00%

ハイライト

スタッツ比較

MPGFG%3PT%FT%ORDRREBASTBLKSTLPFTOPTS
アンソニー・エドワーズ33.040.2%29.4%77.2%0.84.55.22.80.61.32.22.719.1
ドノバン・ミッチェル32.340.8%35.4%80.6%1.13.84.92.70.52.12.61.615.6
キャメロン・レディッシュ29.735.6%33.3%77.2%0.63.13.71.90.61.62.42.713.5
RJ・バレット35.345.4%30.8%66.5%1.66.07.64.30.40.91.83.222.6

不安定さは大きな懸念

今年のドラフトで1位指名の最有力候補に名前が挙がるジョージア大のアンソニー・エドワーズ。ジョージア大のヘッドコーチであるトム・クリーンがマーケット大ではドウェイン・ウェイドを、インディアナ大ではビクター・オラディポを育てたコーチである事から、この2人と比較されることも多い。

現時点のエドワーズで押さえておくべき点は
  • 卓越したオフェンススキル
  • ディフェンスでのポテンシャル
  • 不安定なシューティング
辺りでしょうか。

高校生の頃からフィジカルに頼らないオフェンススキルを備えていたエドワーズ。カレッジでもディフェンスとのスペースの取り方に長け、ステップバック3PT等で難なく得点を重ねました。

ハンドラーとしての能力も高く、ピック&ロールでは華麗なアシストを何度も披露した。堅実なパスだけでなく、ディフェンスの意表を突くパスを出せるプレーヤーで、彼のパスセンスは過小評価されている様に思えます。

優れたフィジカル、長いウイングスパンを有するエドワーズはディフェンスでもポテンシャルを高く評価されている。

一方でタフショットを打ちがちなエドワーズのアウトサイドシューティングはかなり不安定。

エドワーズはシーズン最後の2試合で21本もの3PTを放ち、成功させたのは僅か2本。

FT成功率は77.2%と及第点以上の数字である事から、エドワーズのシュートセレクションに問題がある事が分かるでしょう。

2wayプレーヤーとしての大成が期待される逸材

フレッシュマンとしては顕著な活躍を見せたエドワーズ。

スコアリング、ゲームメイク、ディフェンスとオールラウンドに抜群の将来性を垣間見せた。カレッジでは安定してその力を発揮することは出来ませんでしたが、順調に成長すれば、NBAでも現代的なオールラウンダーになってくれるでしょう。

エドワーズが今年のドラフトでTOP3に入るタレントであることは間違いありませんが、この手のタイプは2021年のドラフト候補に充実。

それも考慮に入れるとエドワーズが1位指名というのは私的にはシックリ来ないところがあります。