高校No1のハードワーカー、スコッティ・バーンズはフロリダ州立大へ

オクラホマ州立大のケイド・カニングハムに続いての有望フレッシュマン2人目はフロリダ州立大に予定のスコッティ・バーンズ。モントバーデアカデミーでのカニングハムのチームメイトでもある。

下級生の頃から世代別USA代表に選出されてきたこの学年屈指のエリートプレーヤー。オールラウンダーとして高い評価を受けているが、彼の最大の魅力は感情を剥き出しにした情熱的なプレーだろう。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。

プロフィール

氏名スコッティ・バーンズ
カレッジフロリダ州立大
生年月日2001年8月1日
ESPN
ランキング
4位(2020)
ポジションPF
出身校モントバーデアカデミー
(フロリダ州)
主な個人賞マクドナルドオールアメリカン
ジョーダンブランドクラシック
フープサミット
特記事項ソフォモアのシーズンにはNSUユニバーシティスクールでバーノン・キャリーJrと共に全米招待準優勝。
U17、U19ワールドカップで世界制覇を経験。
長所・エナジー溢れるプレーでチームを牽引
・リバウンドから速攻に繋げるパスセンス
・恵まれたウイングスパン
懸念事項・ハンドリングとシューティングはブラッシュアップが必要

ハイライト

下級生の頃から世代を代表してきたプレーヤー

下級生の頃から有望選手としてその名を全米に轟かせてきたスコッティ・バーンズ。ソフォモア(日本の高1相当)からジュニア(日本の高2相当)のシーズンまではフロリダのユニバーシティスクールに所属していた。

ユニバーシティスクールでは、後にデューク大に進学したバーノン・キャリーJrとインサイドでデュオを組み、ソフォモアのシーズンには、並み居る強豪校をなぎ倒し全米招待の決勝まで駆け上がった。

決勝ではRJ・バレット擁するモントバーデアカデミーに屈したが、バーンズ自身はチームハイの24得点に加え10リバウンドでダブルダブルを達成。既に高校を代表する選手の1人であることを証明した。

世代別USA代表候補の常連であり、U16アメリカ選手権、U17ワールドカップ、U19ワールドカップにもUSA代表として出場。全ての大会で主力として大会制覇に貢献している。

高校屈指のオールラウンダーが並ぶ反則的なデュオ


ジュニアまでユニバーシティスクールでプレーしたバーンズだったが、シニア(日本の高3)のシーズンに州内のライバル校モントバーデアカデミーに転校し、U19ワールドカップのチームメイト、ケイド・カニングハムとデュオを形成。

バーンズとカニングハムは共に学年を代表するオールラウンドプレーヤー。ハンドリングやパスセンスに優れ、リバウンドから速攻を演出できる選手が2人も並んだモントバーデは反則的な強さを見せ、対戦相手は次々と撃破。州内のライバル校であるIMGアカデミーさえも、今季のモントバーデの前では相手にならなかった。

技術の高さもさることながら、バーンズの最大の魅力はエナジー溢れるプレー。U19ワールドカップでも、ベンチ出場ながらアグレッシブなプレーでチームに勢いを与えていた。PFとしてはサイズ不足気味ではあるが、ウイングスパンが長く、跳躍力にも優れ、高さに懸念はない。3PTを磨けば、より完成された選手となるだろう。

相棒のカニングハムはネイスミス賞を受賞し、ネイスミス1stチームに選出されたが、バーンズもネイスミス2ndチームに選出されている。

進学先はフロリダ州立大に

フロリダ出身のバーンズは地元の強豪フロリダ州立大(FSU)に進学予定。今季のFSUは効率的なオフェンスと相手のTOを誘発するディフェンスで、カレッジで最も厳しいカンファレンスの1つであるACCのレギュラーシーズンを制覇。

スターパワーでなくチーム力で勝利を積み重ねたFSUは幸いなことに主力の卒業や流出も少なく、来季も戦力を維持できる見込みだ。

バーンズはスタープレーヤーではあるが、タフなスタイルのFSUにフィットするだろう。FSUは来季で19シーズン目となるHCレオナルド・ハミルトンの下、ここ数年続けて好成績を残しており、バーンズがラストピースとなれば、1972年以来となるFinal4進出も不可能ではないだろう。