NBA史上最高身長選手マヌート・ボルの息子、ボル・ボル。



NBA史上最高身長選手マヌート・ボル。
その身長は231センチ。
ルーキーシーズンには1試合平均5ブロックという驚異の数字を残した。
また、NBA史上唯一通算ブロック数が通算得点を上回る選手である。

その息子であるボル・ボル。
現在は高校2年生(日本の高1)。
既に身長は2メートルを超える。



ボル・ボル

ポジション:センター/パワーフォワード
学年:class of 2018
身長(裸足):209.6cm
体重:80.7kg
ウイングスパン:221cm
スタンディングリーチ:289.6cm
垂直跳び(助走なし):57.2cm
垂直跳び(助走あり):83.8cm




父と同様身体ははガリガリ。
センターとしてはアンダーサイズ気味だが、ウイングスパンと小顔の結果スタンディングリーチの高さはNBAセンターの中でもトップクラス。
機動力もまあまあ。
筋力不足は否めないので、今後のトレーニングで筋力アップ、スピードアップができるか?
技術に関しては全体的なレベルアップが必要なものの、シュート、ドリブル、パスと意外な器用さを見せる。
父も1試合の前半だけで3PTシュート6本決めたことがあったが、息子のボルもアウトサイドのシュートを得意とする。
身体能力も高く、レッグスルーダンクも軽々こなす。

父ほどの身長はないものの、スタンディングリーチの高さは魅力十分。
器用さはあるので、高校での残り2年間及び大学で技術を磨けば、現代NBAにフィットするPFに成長するだろう。
既に全米レベルでの注目を集めるボル。
強豪カンザス大からもリクルートを受けている。
ネックは体格。
フィジカルの弱さを克服しなければ高いレベルでの成功はないだろう。





コメント