NBAドラフト2020:実際どうなの、コール・アンソニー

今年のドラフトで上位指名候補に名前が挙げられているノースカロライナ大(UNC)のコール・アンソニー。高校NO1ガードとして鳴り物入りでUNCに入学し、デビュー戦でカンファレンスの新人デビュー記録を更新する34得点を記録し、カレッジでの活躍を期待させました。

しかし、その後は膝の故障で戦線離脱し、その間にUNCは大きく負け越し。コール・アンソニーの復帰後も目下6連敗中でシーズン成績は10勝16敗。チームを勝たせることの出来ない彼の実力に疑問の声も上がっている。

コール・アンソニーの実力はドラフト上位指名に値するのだろうか。


プロフィール

氏名コール・アンソニー
カレッジノースカロライナ大
学年フレッシュマン
生年月日2000年5月15日
ポジションPG
出身校オークヒルアカデミー
(バージニア州)
主な個人賞マクドナルドオールアメリカンMVP
ジョーダンブランドクラシックMVP
フープサミットMVP
特記事項父は元NBAプレーヤーのグレッグ・アンソニー。
AAUではモハメド・バンバとチームメイト。
ジュニアまでプレーした高校ではモーゼス・ブラウンとチームメイト。
長所・1対1の強さ
・終盤でのエース気質と勝負強さ
・優れたボールマンディフェンス
懸念事項・球離れが悪い
・ゲームコントロールは向上の余地あり
・シュートセレクションの悪さから来る低い生産性
・身体的には平凡

身体測定結果

靴有身長(cm)裸足身長(cm)体重(kg)ウイングスパン(cm)スタンディング
リーチ(cm)
備考
コール・アンソニー190.5185.483.5195.6241.32018USAジュニアキャンプでの数値
PG平均189.0185.784.1198.2247.22015-2019のドラフトコンバイン平均

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
34.93834.8750.55.25.7
ASTBLKSTLPFTOPTS
4.00.31.32.93.518.5

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
29.90%99.4101.7-2.3050.70%1.50%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
17.90%9.50%23.90%2.20%0.90%16.10%

ハイライト

UNCのスタイルにフィットせず苦しいシーズンに

まず、コール・アンソニー自身とUNCの不調は彼がUNCのスタイルと噛み合っていないことが大きい。本来のUNCは”カロライナブレーク”と呼ばれる自由度が高く速いテンポのオフェンスを得意とするチーム。

しかし、コール・アンソニーはボールをキープし、テンポをコントロールすることを好み、今季はUNCらしいアップテンポなオフェンスが鳴りを潜めている。
UNCのペースは

2018-2019:75.0=NCAA7位
2019-2020:69.9=NCAA116位

と昨季から大幅に低下。生命線のリバウンド%は

2018-2019:57.0%=NCAA5位
2019-2020:55.6%=NCAA16位

とそこまで落ちていないにも関わらずだ。

また、今季は昨シーズンの主要なスコアラー全員がアーリーエントリーや卒業でチームを去った。UNCの自由度が高いスタイルは各ポジションにタレントが揃った時に力を発揮するスタイルで、5人のマクドナルドアメリカンを擁した2016-2017シーズンには全米王者に輝いた。

今季はコール・アンソニーを除き、UNCには個人の力で展開を打破する選手が不在。その為、彼の負担が大きくなり無理なシュートが増え、FG成功率が下がり、チームの不調にも繋がった。

チームの不調により、コール・アンソニーの実力に疑問の声も上がっているが、UNCが勝てない要因はチームスタイルへの不適合、タレント不足に因るところが大きく、彼の実力不足を示すものではない。

昨年のドラフトで1巡目10位指名を受けたキャメロン・レディッシュもデューク大の役割にフィットせず、シーズン前から評価を大きく落としたが、NBAではシーズン終盤に覚醒の予兆を見せた。

カレッジで予想通りの活躍をしなかったからと言って、それがイコールNBAでは通用しないという事ではない。

2ウェイプレーヤーとしてNBAで通用するか?

シューティング、ハンドリング、パッシングの技術は高水準。ゲームメイクは特に評価を受けていないが、ワイドオープンのチームメイトに適切なパスを供給する視野の広さとパスの技術はある。今季のノースカロライナ大にはそのパスを決めるプレーヤーが不在だった為、アシスト数は伸びなかったが...

ハンドリングの技術も高く、ヌルヌルとした独特のドライブが魅力。ディフェンスを一瞬で抜き去るクイックネスこそないが、ディフェンスからファールを引き出す技術も持ち合わせ、ここぞという場面ではフリースローを獲得した。

当たりハズレこそ大きかったものの、勝負強いアウトサイドシュートもアンソニーの魅力。シュートセレクションには難があり、タフショットを連発しFG成功率は低いが、勝敗が決する場面でミスを恐れずゴールを狙う姿はフレッシュマンながら頼もしさを覚えた。

アンソニーのプレーで過小評価をされているのがディフェンス。特にオンボールディフェンスに優れ、NBAでも2way プレーヤーに成長する期待がある。助走有りの垂直跳びでは109.2cmと高い数値を記録しており、カレッジでも時にダイナミックなブロックを見せていた。

裸足身長、ウイングスパン、スタンディングリーチは全てコンバインの平均以下でる点は、NBAレベルで優れたディフェンシブプレーヤーになる上での懸念事項でしょう。

カレッジのフレッシュマンとしてはハイレベルにまとまっているコール・アンソニー。今の所、NBAレベルで傑出した"何か"は見えないが、チームを勝利に牽引する強いリーダー気質を持つプロ向きのプレーヤーだ。

チームの中心を選ぶのであればコール・アンソニー

PGで今年のドラフト上位候補に名前が挙がるのは、コール・アンソニーとラメロ・ボールの2人。アンソニーはノースカロライナ大のチーム成績や安定しないシューティングで評価を下げたが、10位内では指名を受けるでしょう。

サイズや創造性に優れるラメロ・ボールが将来性では上回るが、現時点での完成度ではコール・アンソニーが優れます。エース気質のメンタリティもあり、チームの中心となるガードを探しているのであれば、それはコール・アンソニーでしょう。