NBAドラフト2020:今年の推しメン② ケンタッキー大のタイリース・マキシー

推しメンの2人目はケンタッキー大のフレッシュマン、タイリース・マキシーを。高校時代からマクドナルドオールアメリカンやフープサミットにも選出されてきた世代を代表するコンボガード。2018年の夏には、世代別USA代表のメンバーとしてU18アメリカ選手権での優勝にも貢献した。

カレッジでの公式戦デビューとなったシーズン初戦の対ミシガン州立大戦(MSU)。当時全米ランキング1位にランクされていたMSUを相手にゲームハイの26得点を上げ、チームを勝利に導く衝撃のデビューを飾った。

その後も強気でスマートなプレーを見せ、フレッシュマンとは思えない活躍を続けている。

プロフィール

氏名タイリース・マキシー
カレッジケンタッキー大
学年フレッシュマン
生年月日2000年11月4日
ESPN
ランキング
13位(2019)
ポジションPG
出身校サウスガーランドハイスクール
(テキサス州)
主な個人賞2ndチームオールSEC(2020)
SECオールフレッシュマンチーム(2020)
マクドナルドオールアメリカン(2019)
特記事項U18アメリカ選手権にUSA代表として出場。
長所・電光石火のクイックネス
・勝負強くレンジの広いアウトサイドシュート
懸念事項・安定感に欠ける

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
34.542.729.283.30.43.94.3
ASTBLKSTLPFTOPTS
3.20.40.92.42.214

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
22.80%106.798.58.2053.60%1.60%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
13.30%7.90%18.50%1.50%1.30%14.20%

ハイライト

白の背番号3がタイリース・マキシー

スコアリング能力に優れるコンボガード

One and doneの名産地ケンタッキー大のフレッシュマン、タイリース・マキシー。電光石火のクイックネスと高い得点能力を誇るコンボガード。その速さはケンタッキー大のOBである、ジョン・ウォールやディア―ロン・フォックスを彷彿とさせる。

タイリース・マキシー強みは高いバスケットボールIQ。自分に出来るプレーを理解しているので、プレーの判断力が高く誤ったプレーを選択しない。フローターも上手く、抜群のクイックネスから繰り出されるドライブは中々に厄介。

3PT成功率は29.5%と低いが、FT成功率は82%と高い水準にあり、アウトサイドのシュート力にも大きな不安は無いだろう。

スコアリングには優れるが、現時点ではゲームメイクを得意とするタイプではない。身長はSGとしては小さめだがウイングスパンもそこそこあり、指高はSGの平均レベルにはある。NBAでプレーするならば、当初はスコアラー寄りのプレーヤーになると予想している。

スキルは高く、判断力にも優れるので、経験を積めばガードとしても成長していくだろう。

賢さを武器に手の掛からないプレーヤーに

ドラフトではフレッシュマンが高い順位で指名される傾向にあるが、将来性を加味した評価であり、博打の要素が大いにあることは否めない。

その点、タイリース・マキシーは自分の長所を理解している賢いプレーヤーなので、育成に余り手が掛からないのでは?思い切りの良い判断力を持ち、大舞台で力を発揮するプレッシャーへの強さもNBA向きだろう。

ここ数年ケンタッキー大からNBA入りをしたガードは
ジャマール・マレー(2016)
ディア―ロン・フォックス(2017)
シャイ・ギルジアス-アレキサンダー(2018)
と当たりの率が非常に高い。

今年もタイリース・マキシーだけでなく、イマニュエル・クイックリー、アシュトン・ヘイゲンスとケンタッキー大のバックコートには優れたガードが揃っていた。

今年のドラフトはガードが豊富な年とされ、ラメロ・ボール、コール・アンソニー、タイリース・ハリバートン、ニコ・マニオン等が高い評価を受けるが、確実な当たりを求めるのであれば、タイリース・マキシーは固い選択肢になるだろう。

追記:予想通りアーリーエントリーを表明

2020年4月6日に大方の予想通りにアーリーエントリーを表明。エージェントとも契約し、カレッジへの残留は選択肢に入れない意向の様だ。

カリパリブランドの安心感、高いバスケットボールIQと大舞台に強いメンタリティを考えると、カレッジのスタッツ以上にプロ向きの選手だろうなと。

彼をカレッジではもう見られないと思うといささか寂しい気もするが、タイリース・マキシーのより大きな舞台での活躍に期待したい。