父はNBAプレーヤー。高校バスケで活躍中のNBA2世選手まとめ。


身長や身体能力といった遺伝的特質が大きく競技に左右するバスケットボール。
日本の野球界にも多くの2世選手がおり、華々しい活躍を出来ていない一方で、バスケ界では2世選手が活躍。

NBAでもクレイ・トンプソンやステファン・カリー等多くの2世選手が活躍している。
NBA史に残るセンター、シャキール・オニールの息子やCBSで解説者を務めるグレッグ・アンソニーの息子等が高い評価を得ている。



ゲイリー・トレントjr

学年:class of 2017
ポジション:SG/PG
身長(靴込):195.6cm
体重:92.1kg
ウイングスパン:203.2cm
スタンディングリーチ:254cm


5つ星のSG。
父はミネソタティンバーウルブズ等で活躍したゲイリー・トレント。
EYBLレギュラーシーズンMVP、U-17アメリカ代表等華々しいキャリアを持つ。
進学先の候補はデューク、ケンタッキー、アリゾナ、ミシガン州立、UCLAと超強豪校揃い。

シャリーフ・オニール

学年:class of 2018
ポジション:PF/SF
身長(裸足):203.2cm
体重:91.2kg
ウイングスパン:213.4cm



言わずと知れたNBA史上屈指のビッグマン、シャキール・オニールの息子。
イケメンで知名度も高く、父と食事に行くと、シャックではなくシャリーフにサインを求めるファンが集まるほど。
高校時代の父と同様、オールラウンドなプレーを披露。
着実に成長を続け、評価も上がり続けている。
身長も昨年から1インチ伸びており、学年屈指のPFに成長し、NBA入りの可能性も高い。
シャックは息子の進学先候補としてケンタッキー、ミシガン州立大を推薦。

ボル・ボル

学年:class of 2018
ポジション:PF/C
身長(靴込):218.4cm
体重:93kg
ウイングスパン:233.7cm


NBA史上最高身長選手の1人、マヌート・ボルの息子。
父ほどの身長は無いが、ウイングスパンとスタンディングリーチは反則的。
ボル・ボルも評価が上昇している選手の1人で卒業までに5つ星の選手として超強豪大学に進学してもおかしくない。
進学先候補としてはカンザス大が挙げられている。

コール・アンソニー

学年:class of 2019
ポジション:PG
身長(裸足):185.4cm
体重:75.7kg
ウイングスパン:190.5cm


父はNBAで10年以上活躍し、現在はテレビで解説者を務めるグレッグ・アンソニー。
PGながら高い身体能力を持ち、派手なダンクを披露する。
この学年のPGとしては1位の評価を得ており、今年は世代別のナショナルチームのミニキャンプにも招聘された。


ジャモン・ケンプ

学年:class of 2019
ポジション:SG/SF


シアトルスーパーソニックスで活躍し、レインマンと呼ばれたショーン・ケンプの息子。
まだ身長は190cm程度でインサイドでプレーした父ほどのサイズは無い。
他の2世に比べるとまだまだ評価も低く、身体的成長に期待したい。


コメント