class of 2019:名門校のニュースター、RJ・バレットはベンシモンズクラスの逸材?

(maxpreps.com)

ディアンジェロ・ラッセル、ベン・シモンズ。
近年スーパースターを続け様に排出している超強豪校モントヴェルデアカデミー。
2013年から2015年にかけて全米の有力校が招待されるHigh School National Tournamentを3連覇した。
今年も多くの有力選手を抱え、全米トップ校の1つに君臨している。

1年生にしてモントヴェルデのスターティングメンバーに名を連ねるのがカナダ出身のSG、R.J・バレット。


R.J・バレット

ポジション:SG
身長:200.8cm
体重:83.9kg



プロバスケットボールプレーヤーの父を持つバレット。
彼の父親もアメリカのセントジョンズ大学で4年間プレー。
実際にプレーすることは無かったが、トロントラプターズ、フィラデルフィア76ersと契約した経験を持ち、カナダのナショナルチームで要職についている。

そんな父の下に生まれたバレットも強豪モントヴェルデでプレーし、U-17カナダ代表としてもプレーするバスケットボールエリート。
バレットの評価を更に引き上げることになったのが、チノヒルズ高校との試合。
ボールブラザーズを擁し連勝街道を突き進み全米2位にランクされたチノヒルズと、高校屈指のタレントを誇り全米1位にランクされたモントヴェルデの対戦は大きな注目を集めた。

その試合でR.J・バレットはチームトップの31得点。
チームは83-82でチノヒルズに屈したが、バレット個人の評価が下がることは無かった。
1年生ながらバレットは既に全米トップクラスの高校生であることを証明した。

class of 2019とまだ3年間の高校生活の残るバレット。
現状では同じくカナダ出身のアンドリュー・ウィギンスの様なスコアラータイプで既にスコアラーとしての完成度は高い。
モントヴェルデのOBディアンジェロ・ラッセル、ベン・シモンズは共にパスセンスが高く評価される選手。
バレットも卒業までには単なるスコアラーでは無く、パスを始めオールラウンドにゲームを支配する逸材に進化していても驚きはない。


コメント