class of 2017:驚異のリーチを誇る学年屈指のディフェンシブセンター、モハメド・バンバ。

(sbnation.com)
バスケットのスタイルによって各ポジションに求められる役割は変わる。
アップテンポなスタイルがトレンドの近年のNBAでは、センターに求められる役割はディフェンス。
オールNBAファーストチームのセンターがディアンドレ・ジョーダンということからもその傾向は見て取れる。

高校、大学の中で、ディフェンシブセンターとして、最も高いポテンシャルを秘めているのがモハメド・バンバ。
EYBLではチームのピーチジャム決勝に貢献し、U-18アメリカ代表に選出されるなど着実に経験を積んでいる。



モハメド・バンバ

ポジション:センター
身長(靴込):212.1cm
体重:93.9kg
ウイングスパン:236.2cm
スタンディングリーチ:289.6cm



技術を見ればまだまだ未熟で体型もガリガリ。
それでもウイングスパンとリーチは驚異的。
NBAロサンゼルスクリッパーズのセンター、ディアンドレ・ジョーダンのウイングスパンが228.6cmスタンディングリーチが288.3cmなので共にバンバが上回る。
まだ5月に18歳になったばかりと若く、これから更に伸びる可能性もある。

技術こそ未熟だが、機動力が高く、身のこなしも柔らかい。
シュートエリアも広く、確率こそ低いが3PTも打つ。
EYBL14試合で平均13得点FG63.8%と効率も良く、FTも66.7%とこの年齢のビッグマンにしては悪くない。

恐らくone and doneで1年で大学を去るプレーヤーなので、大学選びが今後の成長を占う上では非常に重要。
現状の有力候補はデュークとケンタッキーのリクルート2大巨頭。
どちらに行っても有力選手の育成経験豊富なので安心か。

この学年のNO1はディアンドレ・エイトンと見られているが、器用貧乏に成りかねないエイトンよりもスペシャリストになれるバンバの方が成功の可能性は高いのではと個人的に思っている。



コメント