ELITE24:ザイオン・ウィリアムソンがダンクコンテストを制覇。

(slamonline.com)

NYで開催されるアンダーアーマー主催の高校オールスター戦ELITE24。
本戦に先立ってダンクコンテストが開催された。
参加者は

・ジャボンテ・スマート
・スコッティ・ルイス
・マイルス・ノリス
・ザイオン・ウィリアムソン
・ハミドゥ・ディアロ

の5名。

決勝はルイス、ウィリアムソン、ディアロの3名で争われたが、今年のオールスターでアーロン・ゴードンが成功させたダブルパンプリバースを披露したウィリアムソンに軍配が上がった。


ザイオン・ウィリアムス

学年:class of 2018
ポジション:SF
身長(靴込):200.7cm
体重:104.3kg
ウイングスパン:208.3cm



ダンクに関して言えば、若く身体も軽い高校生はNBAに劣らない難度のダンクを見せてくれます。
今回のダンクコンテストでも、多くの印象的なダンクが披露されました。

ディアロはゴール下にプレーヤーを1人立たせ、それを飛び越えてのエルボーダンクを披露。
エルボーダンクと言えば、2000年のオールスターでカーターが成功させたダンクが有名。
カーターのものに比べると迫力に劣るが、エルボーダンクにはかなりの到達点の高さが必要となり、会場も大きな盛り上がりを見せた。

優勝したウィリアムソンはドミニク・ウィルキンス系のパワフルダンクが持ち味。
バックボードにボールをぶつけてからのレッグスルーダンクやダブルパンプでのリバースダンクなど、力強いダンクを高確率で成功させ、ダンクコンテストを制しました。

ウィリアムソンはダンクだけでなく、バスケの実力でも学年トップレベルの評価を得ている選手。
高い身体能力と優れた機動力、強靭な肉体を持ち、得点能力は高校界屈指。
7月に16歳になったばかりと年齢も若く、今後の活躍が期待される選手の1人です。


コメント