GW:渡邊雄太NCAA3年目の初戦は18得点でスタート。開幕戦を勝利で飾る。

(twitter.com/GW_MBB)

香川の尽誠学園で2年連続Wintercup準優勝に輝いた後、アメリカに留学。
プレップスクールのセントトマスモアスクールを経てジョージワシントン大(GW)に進学。
1年目からローテーションの1人として多くの出場時間を獲得した渡邊雄太。

昨年まで主力を務めた4年生3人が卒業。
今季の渡邊はタイラー・キャバナーと並び、エースの1人。
シーズン開幕前にヘッドコーチの交代の波乱もあった。

3回目の開幕戦となったメリーランド大イースタンショア校との対戦では、試合開始早々2本の3PTを含む8得点を挙げ、前半のみで10得点。
24得点のキャバナーに次ぐチーム2位の18得点を記録し、開幕戦勝利に貢献した。


渡邊雄太~得点で開幕戦を勝利で飾る。


3回目の開幕戦を迎えた渡邊。
昨季までGWの主力を務めたパトリシオ・ガリーノ(NBDL: Austin Spurs)、ジョー・マクドナルド、ケビン・ラーセンが卒業。
昨季までチームを率いたマイク・ロネガンもパワハラ問題でチームを去った。
チームには多くのフレッシュマンが加入し、1年次から主力として活躍してきた渡邊にはエースとしてだけでなく、下級生を導くリーダーとしても期待がかかる。

渡邊は試合開始早々3PT2本を含む8得点。
前半だけで10得点と2桁得点を記録。
後半はシュート機会も少なく得点が停滞したが、FTを高確率で成功。
試合終盤にメリーランド大イースタンショア校がファウルゲームをしかけたこともあり、この試合12本のFTを獲得し、10本を成功。
FGはたった4本ながら18得点を獲得した。
ディフェンス面でも6リバウンド2ブロックと持ち前のウイングスパンの長さを活かして貢献。

試合は75-71でGWが接戦をモノにした。

もう1人のエース、キャバナーのFG数が12本に対し、渡邊は4本のみ。
今やGWUのエースとなった渡邊には,より積極的なシューティングも期待したし。
また、過去2シーズン確率が上がらず苦しんだ3PTは2/3と好調。
渡邊の評価を上げる上でカギとなるシュート成功率。
シーズンを通じた高確率の維持に期待したい。

コメント