ペニーことアンフェニー・ハーダウェイの愛弟子、チャンドラー・ローソン。

(future150.com)

兄弟揃っての活躍が目立つ昨今のアメリカバスケ界。
UCLAで活躍するロンゾ・ボールは3人兄弟の長男で弟のリアンジェロとラメロも高校バスケ界を席巻している。
弟2人も兄と同じUCLAにコミット済。
ワシントン大にコミットしているマイケル・ポーターJrは男子5人女子3人の8人兄弟の長男。
こちらの次男ジョンティも兄と同じくワシントン大にコミット。

アメリカ南東部のテネシー州の都市、メンフィスにも揃って活躍する兄弟がいる。
長男のK.Jと次男のデドリックは共にメンフィス大でプレー。
次男のデドリックは今季終了後にNBA入りも望める素晴らしいスタッツを記録している。

三男のチャンドラー・ローソンはMemphis East高校でプレーする2年生(日本の高1)。
Memphis East高校のコーチは往年のNBAのスーパスター、“ペニー”ことアンフェニー・ハーダウェイがコーチを務める。
夏のAAUでもペニーのチームである“Team Penny”でプレーするローソンは正にペニーの愛弟子と呼べる選手。



チャンドラー・ローソン



学年:Class of 2019
ポジション:PF/SF
身長(裸足):198.1cm
体重:86.2kg
ウイングスパン:228.6cm



ローソン兄弟の中でも最も将来有望なのが三男のローソン。
ESPNでも学年全体18位の五つ星にランクされている。
兄弟揃ってウイングスパンに定評があり、身長は6'7"前後にも関わらずウイングスパンは揃って7フィート越え。
その中でもチャンドラーのウイングスパンは桁外れの7'6"(228.6cm)。

身長が6'7"(200.7cm)でウイングスパンが7'2.5"の次男デドリックのスタンディングリーチが8'10.5"(270.5cm)とNBAのPFとして申し分ないレベルだったので、チャンドラーは今後の成長でスタンディングリート275cm以上は固いだろう。

既に所属のMemphis East高校では中心として活躍。
Memphis Eastは今季好調を維持しUSA Today紙のSuper25でも3位にランクイン。
ベン・シモンズやディアンジェロ・ラッセル等多くのNBA選手を輩出する名門校Montverdeとも今季3度対戦し2勝を挙げている。
カリフォルニアの強豪Sierra Canyonとの対戦では75-59と敗戦を喫したが、ローソン自身はチームハイの21得点と活躍を見せた。

下級生の時点から高いレベルでの経験を積んでおり、今後の成長も期待できるだろう。
ローソン兄弟は揃って身体能力は余り高いとは言えず、ペニーの下で身体能力を補う技術を習得すれば、カレッジやプロレベルでも活躍が楽しみなプレイヤー。

コメント