マヌート・ボルの息子、ボル・ボルが転校先のカリフォルニアで大暴れ。

NBA史上最高身長選手の1人であるマヌート・ボルの息子、ボル・ボル。
昨シーズンはカンザスのBishop Miege High Schoolの州大会優勝に大きく貢献しています。
今季開幕前にカリフォルニアの強豪校Mater Dei High Schoolへ転校し、カリフォルニア州の転校規定で今年1月にようやくMater Deiデビューを果たしました。

父親程のサイズはありませんが、7フッターのサイズと驚異的に長いウイングスパンを武器にインサイドで大暴れ。
Mater Deiはシーズン僅か1敗の成績でマービン・バグリー擁するSierra Canyon、ボール兄弟擁するChino Hillsに次ぐ第3シードでカリフォルニア州の州大会に進出。
Mater Deiの1敗は昨年12月のボル・ボル不在時にChino Hills相手に喫したもの。
84-73と接戦での敗戦でしたが、ボル・ボルの加入でリベンジの期待が高まります。
Mater Deiは順当に州大会を勝ち進めば、準決勝でChino Hillsと対戦の予定です。


ボル・ボル


学年:class of 2018
ポジション:PF/C
身長(靴込):218.4cm
体重:93kg
ウイングスパン:233.7cm

好PGフリードマンとのデュオはアンストッパブル


規格外の高さと高い機動力を持つボル・ボル(Mater Deiの背番号1)。
ESPNランキングでは学年全体41位にランクされています。
自分で得点をクリエイトする力はまだまだ発展途上ですが、サイズとウイングスパンを武器に、フィニッシャーとしての能力は超高校級。
ビッグマンでありながら、ペリメーターや3PTを得意とするユニークなスキルを持つ選手です。

Mater Deiでボル・ボルを操るのが、背番号12番でボルと同学年のPGスペンサー・フリードマン。
バスケットボールIQが高く、得点能力と視野の広さを兼ね備える好ガード。
フリードマン自身もNCAA Division 1の大学からリクルートを受け、ハーバード大学に進学を予定している選手です。

フリードマンのパスを受け、ボル・ボルは速攻とインサイドで大暴れ。
得点の多くをダンクで記録している為、FG成功率は非常に高くディフェンスの脅威となっています。
ボル、フリードマン共にまだジュニア(日本の高2)であり、今季終了後も更に1シーズン高校でのプレーが残されています。
来年はコンビネーションに磨きをかけ、今季以上に猛威を振るうことが容易に想像されます。

現地2月17日からの州大会、CIF-SS Open Division Playoffsに、Mater Deiは第3シードとして出場。
ボル・ボルが加入した今、Mater Deiは第1シードのSierra Canyon、第2シードのChino Hillsにも対抗できる戦力を持つチームとなっています。
州大会の初戦では、シャックの長男のシャリーフ・オニール擁するCrossroads Schoolと対戦予定。
順当にトーナメントを勝ち進み、準決勝で対戦予定のChino Hillsに雪辱を果たすことが出来るかどうかに注目が集まります。

比較的地味なカンザスからメディア露出の多いカリフォルニアに転校し、今まで以上に注目度が高まっているボル・ボル。
ウイングスパンやリーチは既にNBAでも上位クラスでポテンシャルの高さは図り知れません。
今後、ボル・ボルの名前を聞く機会は更に増えていくと予想されるので、今から覚えておいて損の無い選手です。


コメント