スコアリングPGのトレー・ヤングはオクラホマ大にコミット。


高校NO1スコアラーの呼び声高いマイケル・ポーターJr、ハイスコアリングオフェンスを誇るチノヒルズのエースリアンジェロ・ボールをも上回る40得点越えの平均得点を記録するスコアリングガード、トレー・ヤング。

昨夏のNIKE主催のAAUリーグ、EYBLのプレーオフ"Peach Jam"では、マイケル・ポーターJrとのハイスコアリングデュオでチームを優勝に導きました。
世代別代表にも選出されU18アメリカ大陸選手権優勝にも貢献。
マクドナルドオールアメリカンにも選出されている学年トップガードのヤングの進学先には高い注目が集まりました。

ヤングの進学先の最終候補はカンザス大、オクラホマ大、オクラホマ州立大の3校。
その中から地元のオクラホマ大への進学先を発表しました。


トレー・ヤング

学年:class of 2017
ポジション:PG
身長(裸足):182.9cm
体重:79.8kg
ウイングスパン:193cm


御幣を恐れずに言えば、ヤングは平凡な選手です。
サイズやウイングスパンも凡庸。
身体能力を見ても日本人とも大差無いレベル。
むしろ、日本人の中にも彼より身体的に優れた選手がいるでしょう。
ヤングは緩急自在なドリブルと高いバスケットボールIQを持ち、平凡な身体能力も関わらず、自身より身体能力に優れるトップ選手相手に互角以上に渡りあっています。

ヤングの最大の魅力は正確無比な外角シュート。
高校バスケ界の3PTシューターとしてはチノヒルズのラメロ・ボールも有名ですが、オフバランスのシュートを得意とするボールに対して、ヤングは常に安定した姿勢からシュートを放つタイプ。
シュートレンジはボールほどではありませんが、精度ではヤングが上回ります。
高精度の3PTを武器にヤングは得点を量産。
今季はオクラホマ州の記録を塗り替える1試合62得点も記録しています。

進学先のオクラホマ大は昨季大学トップシューターのバディー・ヒールドを擁し、FINAL4まで駆け上がったチーム。
ヤングはヒールドの様に4年間大学に在籍することは無いと予想されていますが、フロアリーダーとしてだけでなく、ヒールドに次いでカレッジトップレベルのシューターとしての成長が期待されます。
平凡な身体能力で活躍するヤングのプレーから、日本人は多くのことを学ぶことが出来るでしょう。


コメント