TEAM USAがアンダーカテゴリーのミニキャンプ開催中。


10月7日、8日の2日間で、アンダーカテゴリーのアメリカ代表ミニキャンプが開催中。
今回の召集対象は2018年のHoop Summit代表候補のclass of 2018の選手18名と、2018年のU17世界選手権の代表候補となるclass of 2019からclass of 2021の選手36名の計54名。

class of 2018の注目株は今夏のU19世界選手権代表チームにも選出されたイマニュエル・クイックリー、キャメロン・レディッシュ、ロメオ・ラングフォード等。
SNSでその名を馳せたザイオン・ウィリアムソンや、元NBA選手のマヌート・ボルを父に持つボル・ボルもキャンプに召集されています。

2018年U17世界選手権代表候補では、U16アメリカ選手権でMVPを獲得したヴァーノン・カーリーJrやclass of 2020のジャレン・グリーン等でしょうか。
class of 2021からはザイオン・ハーモンが唯一選出されています。



推しメンはやっぱりボル・ボル


数々の高校バスケ界のスーパースターが召集されていますが、その中でも私の推しメンはボル・ボル。
キャンプ初日の5対5では、アリゾナ大コミットのジャボン・クイナリーと同じチームでプレーし、大暴れした模様です。
220cm近いサイズを持ちながら、速攻の先頭を走る機動力とドライブからダブルクラッチを決める器用さを持ち合わせるのがボル・ボルの魅力。
3PTシュートも高確率で底知れぬポテンシャルを感じさせます。

クイナリーもこの学年のガードではお気に入りの1人。
1対1の駆け引きの上手さや、フィニッシュの決定率の高さはこのキャンプの中でも際立っています。
先日のNCAA関連のスキャンダルで進学予定のアリゾナ大のACが逮捕され、クイナリーが進路を変更するのかどうか、彼の動向にも注目が集まります。

ザイオン・ウィリアムソンもパワフルなプレーを披露


SNSで有名になった高校界屈指のダンカー、ザイオン・ウィリアムソンもキャンプに参加。
持ち前の滞空時間の長いジャンプは健在で、ドライブや速攻からパワフルなダンクを披露しています。

ちょっと気になったのが、ウィリアムソンが横に大きくなってないかなーということ。
元々体重のある選手なので、あまり重くなり過ぎると膝への負担が大きくなってしまうのではと心配が募ります。

ミニキャンプは現地時間10月8日(日)も開催予定。
MDTのAM9:45からの練習はストリーミング配信もされる様です。(日本から視聴が可能かどうかは未確認です。)

コメント

  1. 更新お疲れ様です。
    主さんが推し続けていたボルボルがこんな怪物になるとは…
    でもやっぱり細過ぎる。
    マコーマックみたいなゴリゴリ系との、マッチアップ見てみたいですねー

    返信削除
    返信
    1. Chikaraさん
      コメントありがとうございます。
      カンザスの高校にいた頃は、大学で2~3鍛えられて大成すればいいなと思っていたんですが、カリフォルニアに来て注目度も上がり一気に化けましたね。
      2015年時点ではギリギリ80kgくらいだったのが、なんとか100kg近くまで来たので根気よく応援を続けたいと思います。
      カレッジにはゴリゴリ系センターも多いので苦しみそうですね。

      削除

コメントを投稿