NBAドラフト2018:高校時代の学年NO1プレーヤー、マイケル・ポーターJr。


将来性豊かな大型プレーヤーが揃う今年のドラフト。
今年のドラフトで中心となるclass of 2017の選手の中で、高校時代NO1の評価を受けていたプレーヤーがミズーリ大のマイケル・ポーターJr(MPJ)でした。

夏のAAUではオクラホマ大のトレー・ヤングと共にNikeのEYBLを制覇。
MPJの加入までは弱小校だったNathan Hale High Schoolを牽引し、シーズン無敗に導きました。

父親のミズーリ大スタッフ入りに伴い、弟のジョンテイと共にミズーリ大に進学。
カレッジでも活躍が期待され、シーズン前にはAP Preseason All-America First Teamにも選出されたMPJですが、開幕戦でいきなり負傷退場。
持病の椎間板ヘルニアの手術でシーズンの多くを棒に振り、シーズン終盤に復帰したものの、高校時代の輝きをすぐには取り戻すことが出来ず、NCAAトーナメントでも初戦敗退に終わりました。


マイケル・ポーターJr



高精度のアウトサイドシュートと爆発的な身体能力を武器に大型ウイングとして高校バスケを支配したMPJ。
サイズと身体能力を兼ね備えたMPJは速攻のフィニッシャーとして絶大な破壊力を発揮。
AAUでのトレー・ヤングとのデュオの威力は凄まじく、他の強豪AAUチームを圧倒しました。
苦手としていたハンドリングも年々向上を見せており、大学でも高校同様支配的な活躍が期待されていました。
ウイングの選手ながらリバウンドにも献身的に飛び込み、試合を通じて全力を尽くす勤勉なプレーヤー。
これといった弱点は無く、怪我さえ無ければ、マービン・バグリーやディアンドレ・エイトンと同等のスタッツを残していたでしょう。

懸念事項はヘルニアの手術で失った身体能力をどこまで取り戻すことが出来るか。
怪我から復帰後のジョージア大戦、フロリダ州立大戦では精彩を欠き、チームメイト共噛み合わないプレーを見せました。
MPJはチームメイトと合わせたプレーの出来るロールプレーヤータイプの選手では無く、スーパースタータイプの選手。
失われた身体能力を取り戻すことが出来るかどうかがNBAでの成功のカギとなるでしょう。

予想指名順位は5位前後

今季を怪我無く健康に過ごしていれば、ドラフトの1位指名有力候補となっていたであろうMPJ。
シーズンの多くを欠場したにも関わらず、ドラフト予想では高い評価を受けています。
身体能力が戻ればスーパースター候補、戻らなければサイズのあるシューターとして育てて行くこととなるでしょう。

今年のドラフトには弟のジョンテイ・ポーターもアーリーエントリー。
ジョンテイも高い評価を受け、1巡目指名候補とされています。
ちなみに、ポーター家は5男3女の8人兄弟。
今後もポーター家からNBA候補が輩出されることは間違いないでしょう。

高校時代にはディズニーチャンネル出身の女優とのデートが取り上げられており、NBA入り後も女性関係で話題を提供してくれそうです。

コメント