NBAドラフト2018:トレー・ヤングをステファン・カリーと比較。


史上初の同シーズンでの得点王、アシスト王同時受賞を達成したオクラホマ大のトレー・ヤング。広いシュートレンジと創造性溢れるプレーから、NBAのスーパースターであるステファン・カリーにも例えらた今季のカレッジの主役の1人。

シーズンが進むに連れ、ヤングに対するディフェンスは日増しに強まり、シーズン後半には苦戦をしましたが、チームをNCAAトーナメント出場に牽引しました。

NCAAトーナメントでは1回戦で敗退し、NBAドラフトへのアーリーエントリーを表明しました。

トレー・ヤング

ステファン・カリー

身体測定結果比較


トレー・ヤング ステファン・カリー
身長(裸足) 184.1cm 188cm
体重 80.6kg 82.1kg
体脂肪率 5.4% 5.7%
WS 190.5cm 191.8cm
SR 242.6cm 246.4cm
※WS=ウィングスパン、SR=スタンディングリーチ

ヤングの方がかなり小さいイメージを持っていましたが、身長差は約3.9cm。
体重差も僅か1.5kg。
カリーのウイングスパンが短いこともあり、ウイングスパンの差も1.3cmしかなく、SRの差は3.8cm。

勿論ヤングの体格はNBAのPGとしては平均を下回りますが、同じくウイングスパンやスタンディングリーチが平均以下のカリーもNBAで活躍しているので、ヤングの体格もNBAで大きな問題にならないのでは?

スタッツ比較

トレー・ヤング ステファン・カリー
MPG 35.4 33.7
PPG 27.4 28.6
RPG 3.9 4.4
APG 8.7 5.6
BPG 0.3 0.2
SPG 1.7 2.5
TPG 5.2 3.7
FG% 42.2% 45.4%
3PT% 36.0% 38.7%
FT% 86.1% 87.6%

ヤングの今季のスタッツとカリーのジュニア(大学3年)のシーズンのスタッツを比較。
ヤングは今季NCAAディビジョン1の得点王、アシスト王を同時受賞。
カリーもジュニアのシーズンにはディビジョン1の得点王に輝いています。

カリーと比較し、ヤングが秀でているのがアシスト数。
フレッシュマン、ソフォモアとスコアラーとしてプレーしていたカリーはジュニアのシーズンから本格的にPGとしてプレー。
平均アシスト数5.6本とカレッジのPGとして優秀な成績を残していますが、ヤングの平均8.7本というアシスト数は圧倒的。

一方でチームの絶対的司令塔として長時間ボールを保持し、対戦相手からの激しいディフェンスに苦しんだヤングはTO数も1試合5.2本と飛びぬけていますが...。
ヤングはシーズン終盤にシューティングスランプに陥り、シュート成功率も低調ですが、86.1%という高いFT成功率は彼の高いシューティングスキルを示しています。

確かなスキルと華やかな創造性を備えるヤング

今季カレッジの主役の1人として大きな話題を呼んだヤング。
彼の活躍はカレッジ入学前の期待を大きく上回るものでした。
高いシュート力と創造性溢れるゲームメイクは見る者を惹きつけてやみません。

カリーの様な広いシュートレンジに注目が集まるヤングですが、プレーメーカーとしてのセンスやパススキルも抜群。
カレッジではヤングにディフェンスが集中したためミスも目立ちましたが、タレント溢れるNBAでは、カレッジ以上に伸び伸びとプレー出来るかもしれません。

ヤングのスタイルがNBAで通用するのか、という疑問もよく耳にしますが、純粋に今季のカレッジのPGの中でシュート力、パスセンスが最も優れてたPGはヤングで間違いないと思います。
NBAでも確かな技術に裏打ちされたプレーで活躍を見せてくれると期待しています。

コメント