NBAドラフト2018:シェイ・ギルジアス-アレクサンダーをケンタッキー大出身のスターPGと比較。

one and doneの名産地ケンタッキー大で、今季エースガードとして活躍を見せたシェイ・ギルジアス-アレキサンダー。

シーズン開幕前はロールプレイヤーとなることが予想されていましたが、シーズンが進むに連れ存在感を増し、終盤にはエースとして堂々たるプレーを見せた。

現時点での活躍だけでなく、ビッグガードとしての高い将来性も魅力。大成が期待されるシェイ・ギルジアス-アレクサンダーを、ケンタッキー大の先輩であるジョン・ウォール、ディア―ロン・フォックスと比較。

シェイ・ギルジアス-アレクサンダー

身体測定結果比較


シェイ・ギルジアス-アレクサンダージョン・ウォールディアーロン・フォックス
身長(裸足)194.3cm189.9cm188cm
体重81.6kg88.7kg76.9kg
体脂肪率3.00%5.60%4.50%
WS212.1cm206.4cm199.4cm
SR264.2cm257.8cm254cm

※WS=ウィングスパン、SR=スタンディングリーチ

2010年にドラフト1位指名でNBA入りを果たしたジョン・ウォールと2017年に5位指名でNBA入りを果たしたディアーロン・フォックス。どちらもケンタッキー大でカリパリの指導を受け、one and doneで上位指名を受けた選手だ。

ジョン・ウォール、ディア―ロン・フォックス共にPGとしては優秀なサイズ、ウィングスパンを有するガードだが、シェイ・ギルジアス-アレクサンダーは身体的にこの2人をさらに上回る。身長、WS共にSGとしても優秀な水準にあり、1番から3番まで守れる素養有り。大型ガードとしての大成が期待される。

スタッツ比較


シェイ・ギルジアス-アレクサンダージョン・ウォールディアーロン・フォックス
MPG33.734.829.6
PPG14.416.616.7
RPG4.14.34
APG5.16.54.6
TPG2.742.4
SPG1.61.81.5
BPG0.50.50.2
FG%48.50%46.10%47.90%
3PT%40.40%32.50%24.60%
FT%81.70%75.40%73.60%

身体的な面だけでなく、スタッツにおいてもシェイ・ギルジアス-アレクサンダーはジョン・ウォール、ディア―ロン・フォックスに劣らない結果を残した。特にシューティングの成績は秀逸。素材型になりがちな大型ガードにして、3PT成功率40%超え、FT成功率80%は特筆すべき数値だ。

NCAAトーナメントでの3試合では平均20.3得点6.3リバウンド6アシストと素晴らしい活躍を見せ、2戦目の対バッファロー大戦では27得点6リバウンド6アシストを記録。NCAAトーナメントでフレッシュマンが25得点6リバウンド6アシスト以上を記録したのは、2004年のクリス・ポール以来の快挙である。

1巡目上位指名も検討すべき大器

カナダ出身の選手らしく、スムースな身のこなしとオールラウンドなスキルセットを有するシェイ・ギルジアス-アレクサンダー。将来の大化けを期待させる身体と、上位指名を受けた先輩達に劣らぬ実績を持つ大器。

今年の上位指名候補にはビッグマンが並ぶ中、ガード候補の中で1番の将来性を感じさせるのはシェイ・ギルジアス-アレクサンダーで間違いないだろう。

今年のガードでシェイ・ギルジアス-アレクサンダーよりも高い評価を受ける選手はトレー・ヤングとコリン・セクストンの2人。どちらも優れた選手で実績は十分だが、サイズはPG標準以下でポテンシャルの面では見劣りも。

現在の指名予想は10位前後だが、彼の将来性を考えればその順位で指名出来れば儲けものだろう。

コメント