レブロンの息子ブロニーが高校バスケデビュー

レブロン・ジェームスの長男、ブロニー・ジェームス。今年高校に入学したブロニーは、カリフォルニア州大会2連覇中の強豪、Sierra Canyon School(シエラキャニオン)に進学。昨季の主力の多くが卒業したシエラキャニオンですが、多くの有望高校生が転校で加入し、全米の注目を集めるスーパーチームの1つとなりました。

ブロニーはアメリカでのデビューとなるValenciaとの練習試合で3PTを5本沈め15得点を記録。上々の高校デビューを果たしました。試合はブロニーの活躍もあり、84-73でシエラキャニオンが勝利しています。

注目の転校生も活躍


ブロニーの活躍に話題が集中していますが、注目の転校生たちもキッチリ活躍。U19W杯USA代表メンバーでもあり、今季からシエラキャニオンに転校してきたザイアー・ウィリアムスはチーム首位の32得点を記録。素材型の選手ではありますが、高校レベルでは圧倒的な能力を見せつけました。

同じく今季から加入したclass of 2022のシャイ・オドムもチーム2位の24得点と活躍。インサイドプレーヤーとしては小さめですが、下級生ながらに強靭なフィジカルを持ち、世代別USA代表候補合宿にも選出されている注目の1人。中国出身のビッグマン、ハロルド・ユーも16得点を記録し、存在感を見せています。

今季から加入でケンタッキー大にコミットしているBJ・ボストン、ドウェイン・ウェイドの息子、ザイール・ウェイド、昨季からの主力であるテレン・フランクとアマリ・ベイリーはこの試合には不出場。ボストンとベイリーはそれぞれ世代別USA代候補合宿に召集されているエリートプレーヤー。主力が全員揃えば、シエラキャニオンは全米でも屈指の選手層を誇るスーパーチームに。

主力が揃えば、流石にブロニーの存在感も小さくなるとは思いますが、スタープレーヤーの揃うシエラキャニオンはブロニーの成長において良い環境。昨季はスコッティ・ピッペンの息子、ケニオン・マーティンの息子が在籍したシエラキャニオン。実績を残しているだけでなく、LAの有名私立校ということもあり、2世選手御用達になりつつありますね。


コメント