NBAドラフト2022:流行りのタイプのビッグマン、チェット・ホルムグレン

皆さんはチェット・ホルムグレンを覚えているだろうか。この夏、ステファン・カリーのキャンプでカリーを相手にカリーばりのハンドリングを披露し、ダンクを叩き込んだ例の彼を。

その後もホルムグレンは世代別USA代表候補合宿で印象的なプレーを見せ、ESPNランキングでclass of 2021の4位まで上り詰めた。元々高い評価を受ける選手ではあったが、この夏で学年トップ選手の1人としての地位を確立した。

チェット・ホルムグレン

所属校:Minnehaha Academy
学年:class of 2021
ポジション:PF/C

7フッター級のサイズとマッチ棒の様な体型が印象的なチェット・ホルムグレン。公式な数値は無いけれど、ウイングスパンは228. 6cmなんて噂されている。サイズとウイングスパンを駆使し、ショットブロッカーとしても注目されるが、彼を一躍有名にしたのはカリー相手に見せた滑らかなムーブ。

最近のビッグマンには切れの良いハンドリングを備えている選手も少なくないけれど、7フッターであそこまで滑らかなハンドリングを持っているプレーヤーはやっぱり稀有。今年のAAUでは、1試合3.1本の3PTを放ち、成功率は48.4%。FT成功率も7割を超えているので、高校レベルのビッグマンとしてはかなり優秀なシュートスキルを持つビッグマン。これでブロック数も平均4.9本を記録しているのだから、比類なきオンリーワンのプレーヤーですね。

ハンドリングが上手なビッグマンって良いですよね。華やかなプレーもそうですが、ダブルチームされた時の対処にも関係してきますから。サイズの利を最大化する為にもハンドリングは大事です。

成長期は遅めだった様で、高校に入ってから20cm近く身長を伸ばし、それまではシューターだったとのこと。これが彼の特異なプレースタイルを生んだのでしょうね。
余りにも華奢な身体はやっぱり心配。技術もサイズも優れているだけに、フィジカルに強さを増せば、文字通り1回り大きなプレーヤーになるでしょう。

所属校はミネソタのMinnehaha Academy。1学年上にはU19USA代表にも選出され、世界制覇に貢献したジェイレン・サッグスが在籍。過去3年連続で州大会を制し、ミネソタ州内では敵なし。プレシーズンランキングでは全米でも上位にランクされる注目校だ。

年明けには超高校級のザイアー・ウィリアムス、BJ・ボストンに加え、レブロン・ジェームスの息子であるブロニー・ジェームス、ドウェイン・ウェイドの息子であるザイアー・ウェイドの人気選手を擁し、注目を浴びるSierra Canyonとも対戦予定。ここで活躍すればハイライトがYoutubeやSNSにアップロードされるので、また彼の知名度が上がるはず。

高校の卒業は2021年なので進学先はまだ未定。先輩のサッグス同様、ゴンザガ大から熱心な勧誘を受けている様子。近年のゴンザガ大は良いビッグマンを輩出しているので、ゴンザガ大は十分アリな選択肢では?御父上はミネソタ大出身の様ですが…。ちなみに御父上も7フッター級の身長な様ですよ。

早ければ2022年にはドラフトにかかるホルムグレン。オフェンスでは3PT、ディフェンスではリムプロテクトと売りが明確。このまま行けば上位指名となる注目株です。

コメント