ブロニー・ジェームスが高校での公式戦デビューで2桁得点を記録

レブロン・ジェームスの長男、ブロニー・ジェームス。2023年に高校を卒業するclass of 2023の彼は今年から高校に進学。カリフォルニア州大会を2連覇中の強豪校、Sierra Canyon School(シエラキャニオン)に入学した。

昨季のシエラキャニオンもデューク大に進学したカシアス・スタンリー、バンダービルト大に進学したスコッティ・ピッペンJr(その名の通りスコッティ・ピッペンの長男)を擁したスターチームだったが今年は更にランクアップ。世代別USA代表のザイアー・ウィリアムス、ケンタッキー大進学予定のBJ・ボストンと学年トップレベルの転校生が加入し、全米でもトップ10にランクされる注目校となった。

シエラキャニオンはシーズン開幕戦でMontgomery High Schoolと対戦し、91-44で勝利。今季の初戦を快勝で飾った。

ブロニー・ジェームスはデビュー戦で2桁得点


転校規定によりザイアー・ウィリアムスを欠いたシエラキャニオン。BJ・ボストンやTCUコミットのテレン・フランク、class of 2022で世代別USA代表のアマリ・ベイリー等がスターティングメンバーに名を連ねた。

注目のブロニー・ジェームスは、1Qの残り3分を切った所でベンチから出場し、高校バスケデビューを果たす。緊張からかボールに手が付かずミスも見られたが、2Q残り7分10秒にはワイドオープンの3PTをキッチリと沈め、高校初得点を記録した。格下相手ではあるものの、その後も速攻や3PTで得点し、この試合で合計10得点。2桁得点を記録する上々のデビューとなった。

この試合でシエラキャニオンの中心となったのは、ケンタッキー大コミットのBJ・ボストン。サイズとスムースでオールラウンドなスキルを持つウイングプレーヤーで、余裕綽々のプレーで22得点を上げた。今季のシエラキャニオンはボストンとザイアー・ウィリアムスが中心となりそう。ウィリアムスは転校規定により、現在出場が認められていないが、12月末からは公式戦への出場が認められる予定だ。

スーパースター軍団のシエラキャニオンでは、流石のブロニーもチームの中心となることは難しいが、ローテーションプレーヤーとしてベンチから出場時間を獲得することは出来そうだ。

現在のブロニーは3PTシュートに優れ、落ち着いたプレーの出来るロールプレーヤータイプのガード。身長は180cm台中盤と言われているが、これが190cm台まで伸びてくれば、プレースタイルも変わってくるだろう。身体的に成長すれば将来のNBA入りも期待できる。

ブロニーとドウェイン・ウェイドの長男、ザイアー・ウェイドの加入により、今季シエラキャニオンの多くの試合がESPNで放映される。シエラキャニオンは全米の強豪との対戦が予定されており、ブロニーの成長を見る事が出来るだろう。