NBAドラフト2021:MVAのネクストスター候補、ケイド・カニングハム

デューク大からドラフト3位でNBA入りしたR.J・バレットはウイングのサイズがありながら、ボールハンドラーも務める現代的なオールラウンダーだ。次代のスター候補であるバレットの出身校はフロリダ州にあるモントバーデアカデミー(MVA)。MVAは近年だけでもバレット、ベン・シモンズ、ディアンジェロ・ラッセルを輩出した高校バスケ界の超強豪だ。

HCを務めるケビン・ボイルは前任校でカイリー・アービングやマイケル・キッド-ギルクリストも育てた名将である。

MVAの在校生で学年トップレベルの評価を受けているのがガードのケイド・カニングハム。バレットやシモンズ同様、オールラウンドなプレーを見せる彼は、MVA出身のネクストスター候補の1人である事は間違いないでしょう。

ケイド・カニングハム

学年:class of 2020
所属校:Montverde Academy
ポジション:PG/SG
身長:200.7cm (公称)


現在ESPNランキングでclass of 2020の2位にランクされるケイド・カニングハム。今夏のU19 ワールドカップのUSA代表メンバーに選出され、平均11.7得点4.9リバウンド5.7アシストを記録し、主力としてチームの世界制覇に貢献した。何でもこなす万能性と隙あらばドライブでリングを狙う攻撃性を備えているのが彼の魅力。U19ワールドカップでも、年長の大学生達に臆することなく、アグレッシブにゴールを狙っていた。

昨年からMVAに加入した彼の評価は、この1年で大きく上がった。転校当時から5つ星の評価を受けていた選手ではあったが、MVAで全米上位級の強豪校相手に素晴らしいプレーを見せ、夏のAAUでは得点力を、U19ワールドカップでは年長者相手にも通じる完成度の高さを証明したことで、今や2021年のドラフト1位指名の有力候補の1人となった。

ガードしてはサイズもあるし、元々フットボールをやっていた(御父上はフットボール選手)こともあってフィジカルも強靭でルックスもベテラン仕様に仕上がっている選手。クイックではないけれど、強さとサイズを駆使し、ディフェンスも優秀。3PTが苦手とされているが、年々の改善を見せている。

カニングハムが現在のプレースタイルに至るまでには、彼の兄のサポートがあった様だ。カニングハムの兄、キャナン・カニングハムは自身もD1のSMUでプレーした選手。SMUではNBAでも実績を残したラリー・ブラウンの下でプレーしていた。SMU卒業後が1年間海外プロチームでプレーし、コーチングキャリアをスタート。2018-2019シーズンはマイク・ダンリービーSrがHCを務めるテュレーン大でビデオ部門を担当、今季からはオクラホマ州立大(OKST)のアシスタントコーチに就任している。

キャナンはケイドのAAUのコーチも務め、ケイドの将来を考え、敢えて1つ下にカテゴリーを落とし、PGとしてのプレーを叩き込んだとのこと。現在のケイド・カニングハムのオールラウンドなプレースタイルはMVAのボイルの指導だけでなく、兄であるキャナンの功績でもある。キャナンがOKSTに入ったことで、ケイドのOKST入りも有力視さている。

この手のガードをこなす大きな選手は今の高校バスケ界の流行り。同学年のclass of 2020にも同様のタイプは結構いるけれど、フィジカルの強さ、技術の完成度ではカニグハムが群を抜いており、2021年のドラフトでは目玉の1人となるのは間違いない。

コメント