NBAドラフト2020:ラメロ・ボール年表

現在はオーストラリアのイラワラホークスでプレーしているラメロ・ボール。高校時代から全世界にその名を知られた有名選手だが、来年のドラフト1位指名候補となっている事から彼への注目度が再度高まっている。

一方で高校中退からリトアニアに行ったり、父であるラバー・ボールが設立したプロリーグでプレーしたりと彼のキャリアは中々に波乱万丈。ということで高校入学からのラメロのキャリアをサラッとまとめておく。

2015-2016:チノヒルズ高校


ボール3兄弟が揃って高校でプレーした唯一のシーズン。本来であればclass of 2020だったラメロは、兄弟でプレーする為に1年進学を早め高校に進学。身体は周囲の選手から目立って小さかったものの、ずば抜けたセンスで自分より大きな選手達を翻弄。

このシーズンのチノヒルズは他校を寄せ付けない圧倒的な強さを誇り、35勝0敗でシーズン無敗を達成。ラメロも主力として大きく貢献した。

2016-2017:チノヒルズ高校


1試合92得点を記録し、SNSを通じてラメロの名前が世界中に知れ渡ったのがこのシーズン。長男ロンゾの卒業により、ラメロが司令塔に昇格。当初はリアンジェロもPGを試したが、適性が無くラメロが抜擢された。身長もPGとしては十分な水準まで伸び、見た目もグンと大人びた。

2015年から続いたチノヒルズの60連勝は対オークヒル戦で途絶えたが、ラメロは強豪カレッジに進学するエリートを相手に獅子奮迅の活躍。36得点を稼ぎだし、高校バスケ界屈指の強豪校を相手に実力を証明した。

92得点ゲーム等でラメロの注目度は急上昇したが、2年連続で優勝していたカリフォルニア州大会では優勝を逃しシーズンを終えた。

2017-2018:リトアニア/JBA


次男リアンジェロも卒業し、同級生のオニエカ・オコングーと2人でチノヒルズを背負っていくと思われたラメロだったが、父ラバーとチノヒルズ高校の新HCとの折り合いが悪く、高校を中退。

UCLAに進学したものの中国遠征中に万引きで逮捕され、居場所を無くしたリアンジェロとのセット売りでリトアニアに行くも、ここでもフィットせず。2018年5月にはラバーが設立したプロリーグ、JBAに加入しTVゲームの様なスタッツを残した。

2018-2019:スパイアインスティチュート


JBAで海外ツアーに出ていたラメロだったが、オハイオ州のスパイアインスティチュートに加入し、アメリカ高校バスケ界に電撃復帰。同級生でミシガン州立大に進学したロケット・ワッツやclass of 2020でケンタッキー大進学予定のビッグマン、アイザイア・ジャクソンと共に多くのハイライトを残した。

この頃には長身PGと呼ばれるまで身体的に成長し、ダンクも軽々と叩きこむ選手に変貌。身体の成長に技術が追い付いていない様にも見えたが、学年トップクラスの選手として評価を受ける様になる。

ラメロがプロチームでプレーした経験があった為に、アマチュア規定への抵触を恐れた他チームが対戦予定をキャンセルされる、スパイアが参加予定の大会の主催者に対して、ラバーが”出場する代わりに金を払え”とぶっこむ等、お騒がせぶりは相変わらずだった。

カレッジへの進学を希望しているとの噂もあったが、

・代理人と契約済み
・プロチームでのプレー歴有
・シグネチャーシューズ有

とNCAAのアマチュア規定に触れる恐れで満載だったラメロはNBLのイラワラホークスに入団する道を選んだ。

2019-2020:NBLイラワラホークス


イラワラホークスに入団後は2020年のドラフト1位指名有力候補と呼ばれるまでに評価を上げている。成長した身体にやっとスキルが追い付いた印象。3兄弟でNO1とも呼ばれるセンスを発揮し、NBL史上最年少でのトリプルダブルまでやってのけた。

11試合を終え16.3得点7.1リバウンド6.7アシス1.7トスティールと立派に活躍。高卒から直接NBLで1シーズンプレーし、2016年にドラフト1巡目NBA入りを果たしたテレンス・ファーガソンのNBLでのスタッツは4.6得点1.1リバウンドだったことを考えると、ドラフト1位指名有力候補というラメロの評価は妥当だろう。

高校入学から現在に至るまでのラメロのキャリアはサラッとこんな感じ。

問題児のイメージが強かったが、NBLに来てからはインタビューでもお行儀よくて好印象。勿論自信に溢れたコメントをしているけれど。現在はラバーと離れ、スパイアでコーチだったジャーメイン・ジャクソンと共に生活しているらしく、これが良い方向に作用しているのかもしれない。