NBAドラフト2021:ジェイレン・グリーンが全米1位を奪取。class of 2020のTOP10まとめ。

早いものでもう2020年。そろそろ来年のドラフトの予習を始める頃だ。2021年のドラフトの中心となるclass of 2020はここ数年で1番のタレント揃い。完成度の高いウイングが揃うのがこの学年の特徴。

現在ESPNランキングの上位にランクインしている選手が2021年のドラフトで主役となるのは間違いない。その中でも1位にランクされているのがプロリフィックプレップのジェイレン・グリーン。そう、私が1番推している選手。

今回はジェイレン・グリーンの1位記念としてESPNランキングのTOP10をまとめる。

1位:ジェイレン・グリーン

所属校:プロリフィックプレップ(カリフォルニア)
ポジション:SG
進学先:未定


USA代表としてU17、U19と2つのカテゴリーで世界制覇を経験しているジェイレン・グリーン。U17ワールドカップでは大会MVPも獲得している。母親はフィリピン系で夏にはフィリピンでもプレーしており知名度も高い様。昨年の夏にはフィリピンの至宝、カイ・ソット―の上からダンクを叩き込んでいる。

爆発的な跳躍力と空中での抜群のバランス感覚を持ち、ランニングプレーでの決定力は驚異的。今季からジョッシュ・ジャクソンやゲイリー・トレントJrをNBAに輩出したプロリフィックプレップに移籍し、オールラウンドなプレーに磨きをかけ、ハーフコートでの得点力やパスセンスも日に日に向上している。昨年12月のラ・ルミエールスクール戦では、後半だけで29得点を叩き出し、1度乗り始めたら手の付けられない爆発力も彼の魅力だ。
今夏のAAUではNike主催のEYBLに出場し、抜群の勝負強さで所属チームをプレーオフで準優勝に牽引。まだまだ発展途上の選手ではあるが実力派揃いのclass of 2020にあって、最もスター性の高い選手はジェイレン・グリーンで間違いない。

2位:エバン・モーブーリー

所属校:ランチョクリスチャンスクール(カリフォルニア)
ポジション:C/PF
進学先:USC

父はUSCでコーチングスタッフを務め、1学年上の兄であるアイザイア・モーブリーもUSCに入学。エバン・モーブリーがUSCにコミットするのは自然な流れだった。

7フッターのサイズと長いウイングスパン、スムースな身のこなしを持ち、ディフェンスではどこへ行っても即戦力の逸材。長いストライドから繰り出されるドライブは並のビッグマンには止められない。シューティングやパッシングにもビッグマンとしては非凡なセンスを見せる。

粗削りな選手ではあるが将来性は高く、エバン・モーブリー級のサイズと機動力を備える選手が今後数年は出てきそうにないことを考えると彼の評価の高さも納得できる。上位でビッグマンを狙うのであればエバン・モーブリーの一択となる。

3位:ケイド・カニングハム

所属校:モントバーデアカデミー(フロリダ)
ポジション:PG/SG
進学先:オクラホマ州立大


この学年で最も完成度の高い選手。現時点での高校No1プレーヤーはケイド・カニングハムだろう。彼の兄がオクラホマ州立大のコーチングスタッフにいることから、強豪とは言えないオクラホマ州立大への進学を決めた。

得点、アシスト、リバウントと全てに秀でたオールラウンダー。長いウイングスパンと強靭なフィジカルを誇り、先日の対IMGアカデミー戦ではエースのジェイデン・スプリンガーをシャットアウト。ディフェンス面でも非の打ちどころはない。公称200.7cmの身長で純粋なPGとしてプレーしている事も特筆すべきだろう。

所属校のモントバーデアカデミーのコーチであるケビン・ボイルは近年だけでもディアンジェロ・ラッセル、ベン・シモンズ、RJ・バレットとオールラウンドなスター候補を育てた名将。ケイド・カニングハムが彼らに続き、次のスター候補となるのは間違いない。

ゲームメイク、アウトサイドシュートと確実にプレーの幅を広げており、今後も着実な成長が期待される。NBAでも即戦力として計算出来る選手となる。

4位:スコッティー・バーンズ

所属校:モントバーデアカデミー(フロリダ)
ポジション:PF
進学先:フロリダ州立大


3位にランクインしたケイド・カニングハムのチームメイト、スコッティ―・バーンズ。U19ワールドカップでも主力としてUSA代表の世界制覇に貢献した。

PFながらハンドリング、パスセンスに優れ、リバウンドからそのまま速攻を演出をすることの出来るポイントフォワード。万能なスキルだけでなく、パワフルなプレーにも定評があり、高校で最もハードにプレーする選手の内の1人。今季からモントバーデアカデミーに転校し、オールラウンダーの育成に優れるケビン・ボイルの下、万能性に磨きをかけ評価を上げてきている。

更に評価を上げる為にはアウトサイドシュート精度の向上が必要だろう。NBAのインサイドとしてはアンダーサイズ気味だが、ウイングスパンも長く高さには問題が無い。順調に行けばドレイモンド・グリーンの様な選手への成長が期待出来る。

5位:ジェイレン・サッグス

所属校:ミネハハアカデミー(ミネソタ)
ポジション:PG/SG
進学先:ゴンザガ大


下級生の頃から世代別代表の常連だった世代屈指のエリートプレーヤー、ジェイレン・サッグス。アメリカンフットボールでもQBとして高い評価を受ける。進学先には八村塁の出身校であるゴンザガ大を選んだ。

彼もまた何でもこなすオールラウンダーで得点、アシスト、リバウンドと穴は無く、クイックネスや跳躍力も抜群。スタープレーヤーながらチームの為に地味なプレーを厭わない献身的なプレーを見せる。サイズもコンボガードとして申し分ない。

勝利の為にアンセルフィッシュなプレーが出来る選手で、どのチームにも必要とされる選手。全てにおいて高水準の選手であるが、カレッジではプロでも武器となる"何か"を見つけたい。

6位:ブランドン・ボストン

所属校:シエラキャニオンスクール(カリフォルニア)
ポジション:SG/SF
進学先:ケンタッキー大


レブロン息子とウェイド息子が加入したことで全世界から注目を集めるシエラキャニオンスクール。そこでエースの1人を務めるのがブランドン・ボストン。スムースなプレーが魅力でイメージは小さめのブランドン・イングラムといったところだろうか。

3PTラインのはるか後方から3PTを沈めるシュートエリアの広さ、多彩な得点パターンを持ち、どこからでも得点の出来る選手。リバウンダーとしても優秀。今季のAAUではFT成功率74.8%とまずまず。シュート精度も信頼がおける。

進学先はOne and Doneの名産地ケンタッキー大。彼のスムースなプレーはプロ受けがするだろう。ブランドン・ボストンがこれまでのケンタッキー大のフレッシュマンと同様に1年でカレッジを去ることに疑いの余地はない。

7位:ザイアー・ウィリアムス

所属校:シエラキャニオンスクール(カリフォルニア)
ポジション:SF/PF
進学先:未定


今季からシエラキャニオンスクールに加入したザイアー・ウィリアムス。ブランドン・ボストンと並びチームのエースを務める。U19USA代表にも選出され、控えながら高いポテンシャルを垣間見せた。

公称で身長203.4cmとPFまでこなせるサイズに恵まれ、AAUではFT成功率88%とイメージよりも遥かにシュート精度は高い。ハンドリングを向上させ、シュートに持ち込む技術を控除させることで、身長の利をより効果的に使い、生産性の高いプレーヤーに成長することが出来るだろう。

Top10の中では完成度は低めだが、その分伸びしろは大きい。ウイング寄りのコンボフォワードが欲しいのであれば、この学年ではザイアー・ウィリアムスを狙う事になるだろう。

8位:テレンス・クラーク

所属校:ブリュースターアカデミー(ニューハンプシャー)
ポジション:SG/SF
進学先:ケンタッキー大


class of 2021からclass of 2020に学年変更をしたテレンス・クラーク。class of 2021では学年TOP3に入る逸材だった。所属校のブリュースターアカデミーはシェーファーアヴィ幸樹の出身校でもある。

アウトサイドシュートには課題を残すが、ハンドリングやアシストのスキルはオールラウンドタイプのウイングが揃うこの学年の中でもハイレベル。クイックネスや跳躍力にも優れ、ここから更に化ける期待がある。NBAでもスターに上り詰めるだけのポテンシャルは十分にある。逆に非効率な器用貧乏に終わる可能性も多分に感じさせる選手でもある。

進学先はケンタッキー大。有望選手があつまるチームにあっても、彼のバスケットセンスは際立つだろう。来年のドラフト時点でTop3クラスまで評価を上げていたとしても驚きはない。

9位:グレッグ・ブラウン

所属校:バンデグリフトハイスクール(テキサス)
ポジション:PF/SF
進学先:未定


高校バスケ界屈指のダンカーとしてその名を轟かすグレッグ・ブラウン。今季も多くのハイライトプレーを生んでいる。

コンボフォワードタイプだが、アウトサイドのプレーはまだまだでインサイド寄り。インサイドプレーヤーとしては抜群のクイックネスを誇り、速攻のフィニッシャーとしての破壊力は抜群。跳躍力は高さだけでなく速さも優れ、リバウンドやシュートブロックでも猛威を振るう。

オフェンスにおいては今の所使われることでより大きな力を発揮する。跳躍力、クイックネスにおいてはNBAでもスター級のモノを持っているが、技術が追い付かなければ宝の持ち腐れとなることが懸念される。

10位:ジョッシュ・クリストファー

所属校:メイフェアハイスクール(カリフォルニア)
ポジション:SG/PG
進学先:未定


高校バスケ界のファッションリーダー、ジョッシュ・クリストファー。ファッションだけでなく、実力も折り紙付き。身体的な魅力では彼より上位の選手からは劣るが、プレーの完成度は非常に高いコンボガード。

オールラウンドなプレーヤーだが、シュートセレクションには改善の必要有。無謀に見えるシュートも並みに乗っていれば当然の様に決めてしまうので何とも言えない部分もあるが...。ちょっとぷよっとしているが、華奢な選手が目に付く高校バスケの中ではフィジカルコンタクトにも強い。

カレッジでは生産性は低いが爆発力の高いスコアラーとなりそう。3PTラインからの爆発力が増せば、NBAでもインスタントスコアラーとして記憶に残るプレーヤーになれる選手だろう。

オールラウンドなウイングが充実

この学年の特徴はオールラウンドなウイングが充実していることだろう。NBAのトレンドに合わせて、高校バスケにおいてもポジションを問わないオールラウンドな技術を持つプレーヤーが増えている。一方で目玉となり得るビッグマンは2位のエバン・モーブリーのみと不作。ビッグマンが豊作となりそうな学年は少なくとも数年は出てきそうにない。

この学年の選手は完成度の高い選手が多く、2021年のドラフトは当たり年となるだろう。