NBAドラフト2020:メンフィス大のプレシャス・アチュワがアーリーエントリーへ

メンフィス大のフレッシュマン、プレシャス・アチュワ。ジェームス・ワイズマンがシーズン途中で離脱し、窮地に立たされたメンフィス大のインサイドを獅子奮迅の活躍で支えた彼も、遂にNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明した。

現代的なコンボフォワードタイプのインサイドプレーヤーで、将来性は高い。フレッシュマンにしてカンファレンスの最優秀選手賞を獲得し、現時点での実力も折り紙付きのプレーヤーだ。

高校はディアンジェロ・ラッセル、ベン・シモンズ、RJ・バレット等、現代的なプレーヤーの育成に定評のあるモントバーデアカデミー。モントバーデアカデミー出身というだけで、オールラウンダーへの成長への期待が高まる。

プロフィール

氏名プレシャス・アチュワ
カレッジメンフィス大
学年フレッシュマン
生年月日1999年9月19日
ポジションPF/SF
出身校モントバーデアカデミー
(フロリダ州)
主な個人賞
ACC最優秀選手賞(2019)
ACC最優秀新人賞(2019)
1stチームオールACC(2019)
マクドナルドオールアメリカン(2018)
特記事項両親共に聖職者で兄弟揃って中々に特徴的な名前
長所・ガードの様なクイックネスと機動力
・オールラウンダーのセンス有り
・リバウンドやブロックにも強さを見せる
懸念事項・オフェンススキルはブラッシュアップの必要
・アウトサイドシュートを伸ばすことが出来るか

身体測定結果

靴有身長(cm)裸足身長(cm)体重(kg)ウイングスパン(cm)スタンディング
リーチ(cm)
備考
プレシャス・アチュワ205.7-101.2219.1274.32019フープサミット
での数値
PF平均206.2203.0102.9216.5271.52015-2019のドラフ
トコンバイン平均

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
30.449.332.559.937.810.8
ASTBLKSTLPFTOPTS
1.01.91.12.42.815.8

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
27.60%101.182.019.1054.20%12.50%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
27.00%20.40%7.40%2.00%6.40%16.20%

ハイライト

現代的なコンボフォワード

ナイジェリア出身のコンボフォワード、プレシャス・アチュワ。アメリカに移った8年生の頃にバスケットボールにフォーカスを始め、プレー歴はまだ浅い。

高校のシニア(日本の高3相当)のシーズンにフロリダのモントバーデアカデミーに転校。全米招待の準決勝まで進み、アチュワ個人はマクドナルドオールアメリカン、フープサミットにも選出された。

卒業後はアンフェニー・ハーダウェイがヘッドコーチに就任したメンフィス大に進学。同学年のNo1プレーヤー、ジェームス・ワイズマンが高校時代の金銭授受の問題でメンフィス大を去るとインサイドで奮闘し、チームを牽引。カンファレンスの最優秀新人選手賞と最優秀選手賞を同時に受賞する活躍を見せた。

オールラウンダーの名産地、モントバーデアカデミー出身であるアチュワは、本来であればコンボフォワードとしての多彩なプレーが魅力であるが、ワイズマンの離脱も有りカレッジではインサイド寄りのプレーに終始。粗削りではあるが、クイックネスや機動力は高く、ウイングプレーヤーとしての資質も高い。

ウイングスパンにも恵まれ、スタンディングリーチはNBAのパワーフォワードとしても十分な水準。メンフィス大では、チームの主力でベストのディフェンスレーティングを残し、リバウンドにも強い。ガードやウイングプレーヤーを守れるだけのクイックネスもある。

FT成功率は59.9%と課題が残る数字だが、アウトサイドシュートの成功率が伸びれば、NBAでもフロアをストレッチ出来るコンボフォワードに進化するだろう。

予想指名順位はロッタリー内

プレー歴が浅い事もあり、ウイングプレーヤーとしては粗削りだが、フィジカルはNBAでプレーする準備が出来ている。スティール、ブロック共に1試合平均1本を超え、リバウンドも平均2桁。ディフェンスでは既に貢献度の高い点も魅力だろう。

今の所、彼の最大の魅力はクイックネスやモーター、機動力といった身体的な部分で、スキルセットは洗練させる必要があるが、今年のドラフトの層が薄い事もあり、アチュワはロッタリー内で指名を受ける可能性が高い。

仕上がれば、フランチャイズプレーヤーとは行かなくとも、チームの2~3番手への成長が期待出来るポテンシャルの高いプレーヤーだ。