ヤニス・アデトクンボの弟、アレックスはヨーロッパ経由でNBAを目指す。

NBAのスーパースター、ヤニス・アデトクンボ。アデトクンボ家の末弟であり、5男のアレックス・アデトクンボはアメリカの高校でバスケットをプレーしている。

今年高校を卒業するclass of 2020のアレックスだが、アメリカのカレッジには進学せず、ヨーロッパのプロチーム経由でのNBA入りを目指すことが報じられている。アレックスのNBAドラフトへのアーリーエントリーは2021年から可能となる。

プロフィール

氏名アレックス・アデトクンボ
カレッジ-
学年class of 2020
生年月日2001年8月26日
ESPN
ランキング
-
ポジションSF
出身校ドミニカンハイスクール
(ウィスコンシン州)

ハイライト


アデトクンボ家の末弟はヨーロッパ経由でのNBAを目指す

アデトクンボ家の末弟、5男のアレックス・アデトクンボ。昨季アメリカのドミニカンハイスクールでプレーしたアレックスは公称200.7cmのスモールフォワードだ。

多くのNBAプレーヤーが高校時代に上位にランク付けされていたESPNランキングには入っておらず、247sportsによるランキングでも学年232位(スモールフォワードとしては47位)。複数のNCAAディビジョン1校からオファーを受けていたと報じられているが、その中には強豪校が含まれていなかった事からも、現時点では彼のNBAへの距離が近くないという事が分かるだろう。

しかしながら、アデトクンボ家の遺伝子を侮ることは出来ない。アレックスも218.4cmのウイングスパンを誇っていると報じられており、身体的にはNBA入りも夢ではない才能を秘めているだろう。(アデトクンボ家の4男、コスタス・アデトクンボはドラフトコンバインで裸足身長205.74cm、ウイングスパン219.08cm、スタンディングリーチ279.4cmというNBAでも高水準の結果を残しています。)

彼がNBAを目指す上でも、このままアメリカに残るよりもヨーロッパに渡り、異なるエッセンスを加えるというのは良い判断かもしれませんね。ヨーロッパでの所属先等についてはまだ報じられていない。