NBAドラフト2020:オレゴン大の絶対的エース、ペイトン・プリチャード


フレッシュマンから4シーズンに渡り主力としてオレゴン大を支えてきたポイントガード、ペイトン・プリチャード。フレッシュマンのシーズンには、ディロン・ブルックス等とNCAAトーナメントのFinal4も経験した。

シニアとなった昨季は更に大きくステップアップし、1stチームオールアメリカン、カンファレンスの最優秀選手賞等、多くの個人賞を獲得し、カレッジを代表するプレーヤーに成長。

シーズン終了後にはYoutuberデビューを果たし、その高いドリブルスキルを披露している。

プロフィール

氏名ペイトン・プリチャード
カレッジオレゴン大
学年シニア
生年月日1998年1月28日
ESPN
ランキング
54位(2016)
ポジションPG
出身校ウェストリンハイスクール
主な個人賞ルート・オルソン賞(2020)
ボブ・クージー賞(2020)
コンセンサスオールアメリカン1stチーム(2020)
Pac-12最優秀選手賞(2020)
U19ワールドカップオールスターファイブ(2017)
特記事項シーズン終了後にYoutuberデビュー。
2015年に3X3のU18ワールドカップに出場。
長所・どこからでもシュートを沈める広いレンジ
・リング周辺での的確なフィニッシュスキル
懸念事項・身体的には平凡

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
36.646.841.582.10.73.64.3
ASTBLKSTLPFTOPTS
5.501.522.720.5

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
28.20%122.8100.622.2060.60%2.50%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
12.50%7.80%31.50%2.50%0.10%14.00%

ハイライト

カレッジを代表する攻撃型ガード

オレゴン大の絶対的エース、ペイトン・プリチャード。昨季はこれまで以上に積極的なオフェンスを見せ、平均得点は20点を超え、対アリゾナ大戦ではキャリアハイの38得点を記録した。

強気なプレースタイルが持ち味で、スペースがあればコートのどこからでもシュートを沈める。レンジの広いアウトサイドシュートに目が行くが、リング周りでのフィニッシュスキルも確実。派手なプレーこそ少ないが、適切なステップワークと左右の手の使い分けで、自身より大きくアスレティックなディフェンスを巧みにかわし、フィニッシュが出来る。

得点効率の高い選手でTS%は60.6%と優秀。この数字はカレッジを代表するスコアラーのマーカス・ハワードをも上回る。

サイズやクイックネス、跳躍力はカレッジの中でも平凡。ディフェンスでの存在感はあまり期待出来ないだろう。

予想指名順位は2巡目

NBAでは身体的に並以下ではあるが、確かな実績のあるプレーヤー。得点力が魅力のガードであるが、昨季はキャリアハイの平均5.5アシストを記録し、ゲームメイクにも期待出来る。2巡目で堅実な控えポイントガードを探すチームとマッチするだろう。

今年は多くの上級生ガードがドラフト候補に揃うが、カレッジで着実な成長を見せてきたシニアのガード達は、経験・成長の実績という点で安心の指名となる可能性が高いのではなろうか。

コメント