NBAドラフト2020:ミシガン州立大を4年間支えた司令塔、カシアス・ウィンストン

ミシガン州立大のポイントガード、カシアス・ウィンストン。同級生のマイルス・ブリッジスやニック・ウォードがアーリーエントリーでチームを去っていく中、4年間ミシガン州立大を支え続けた。

ジュニアのシーズンにはミシガン州立大をNCAAトーナメントのFinal4に牽引し、カレッジトッププレーヤーの地位を確固たるものとした。

ウィンストンも4年間のカレッジでのキャリアを終え、遂にNBA入りを果たす事になる。

プロフィール

氏名カシアス・ウィンストン
カレッジミシガン州立大
学年シニア
生年月日1998年2月28日
ESPN
ランキング
31位(2016)
ポジションPG
出身校ユニバーシティオブデトロイト
ジェスイットハイスクール
(ミシガン州)
主な個人賞コンセンサス2ndチームオールアメリカン(2019/2020)
Big Ten最優秀選手賞(2019)
ジョーダンブランドクラシック(2016)
特記事項Big Tenの通算アシスト記録を更新
長所・卓越したピック&ロール捌き
・強気なゲームメイク
・高確率のアウトサイドシュート
懸念事項・サイズとクイックネスは平凡

スタッツ

出場時間(分)FG%3PT%FT%OFF RebDEF RebREB
32.744.843.285.20.22.32.5
ASTBLKSTLPFTOPTS
5.901.223.218.6

アドバンスドスタッツ

USG%OFF RTGDEF RTG+/-TS%OFF REB%
29.20%114.097.017.0059.10%0.80%
DEF REB%REB%AST%STL%BLK%TO%
7.70%4.60%36.50%2.10%0.10%16.90%

ハイライト

カレッジを代表するポイントガード

2019年にはミシガン州立大をNCAAトーナメントに導いたウインストン。その時点でアーリーエントリーをしていれば、間違いなくドラフトで指名を受けていただろうウィンストンは、カレッジでのキャリアを全うする道を選んだ。

ウィンストンのプレーで知っておくべきは

  • カレッジで最も巧みなピック&ロールの使い手
  • 高精度で勝負強いシュート力を誇る
  • サイズやクイックネスには懸念を残す
という点だろう。

ウィンストンの最大の売りは強気なゲームメイク。クイックネスが突出している訳ではないが、巧みなディレクションチェンジでディフェンスを引き寄せ、チームメイトにアシストを供給した。特にピックアンドロールの捌き方は絶妙で、ミシガン州立大のビッグマン、ゼイビア・ティルマンとのピックアンドロールで多くのアシストを稼ぎ出した。

昨季は同級生のシューター、ジョシュア・ラングフォードの故障によるシューター不足が響き、アシスト数を前シーズンから大きく落としたが、ウィンストンのゲームメイクはカレッジでも突出している。

勿論得点能力も優秀。3PT成功率はキャリア通算で43%、フリースロー成功率も84.5%でウィンストンのアウトサイドシュートへの信頼は高い。彼の得点はアスレティックな能力ではなく、巧みなスキルを駆使したものであり、NBAでも通用する可能性が高い。

サイズやクイックネスはNBAでの標準以下でディフェンスが彼の懸念事項となる。

予想指名順位は1巡目下位~2巡目

上級生のポイントガードが充実する今年のドラフト候補生の中でも、私的に最も推しているのがカシアス・ウィンストン。オフェンスの総合力では、今年のドラフト候補のポイントガードで彼を上回る選手はいないだろう。

シニアという年齢を考えると彼の指名順位は良くても1巡目下位だろう。例年であれば2巡目だろうけれど、今年のドラフトが新型コロナの影響でNCAAトーナメント無し、評価期間も短縮となれば、実績抜群のウィンストンの価値は上がると予想。

身体的には平凡だが、実績に裏打ちされた確かな技術でNBAでも長きに渡り活躍する選手になってくれるだろう。