未来のドラ1候補、ジョナサン・クミンガの学年変更の可能性は"50-50"

class of 2021のESPNランキングで全米1位にランクされるジョナサン・クミンガ。クミンガはESPNのポール・ビアンカルディ―のポッドキャスト"High School Basketball Happenings"に出演した。クミンガはかねてからclass of 2020への学年変更が噂されてきたが、そのインタビューの中で、学年変更の可能性について聞かれると"50-50"と回答した。

class of 2020へ学年変更をすれば、クミンガは今年高校を卒業する。カレッジに進学するのか、プロ入りをするのか、高校卒業後の進路については明言をしていないが、学年変更をすればクミンガは2021年のNBAドラフトへのアーリーエントリーが可能となる。

プロフィール

氏名ジョナサン・クミンガ
カレッジ未定
学年class of 2021
生年月日2002年10月6日
ESPN
ランキング
1位(2021)
ポジションSF
出身校パトリックスクール
(ニュージャージー州)
主な個人賞MaxPreps最優秀ソフォモア賞(2019)
特記事項兄もカレッジでバスケをプレーしており、今季はテキサス工科大でプレー。
NBAでプレーするエマニュエル・ムディエイは従兄弟。
長所・恵まれた身体を持ち、2wayプレーヤーとして高いポテンシャルを秘める
・オールラウンドに非凡なセンス
懸念事項・プレーの完成度はまだまだの素材型

ハイライト

高校バスケ界屈指の原石

class of 2021で学年1の評価を受けるジョナサン・クミンガ。身体的に恵まれ、オフェンススキルでも非凡なセンスを見せるクミンガだが、プレーヤーとしては完成されておらず、安定感に欠ける。

まだまだ原石のプレーヤーだが、高校最強チームであるモントバーデアカデミーとの対戦では、チームとしては77-32で大敗を喫したが、クミンガは22得点を上げ1人気を吐き、得点力だけでなく視野の広さやパスセンスでも輝きを見せた。

ディフェンスでもエリートプレーヤーとなれるフィジカルツールを備え、NBAレベルでも2wayプレーヤーとして大成することが期待される。

学年変更をすれば2021年のNBAドラフトに

現在はclass of 2021の選手であるクミンガは、本来2022年からNBAドラフトへのアーリーエントリーが可能なる選手だが、学年変更が現実となれば2021年のドラフトのエントリーが可能となる。

高いポテンシャルに加え、ドラフト時点で18歳の年齢は大きな魅力。この1年の成長次第では、2021年のドラフト1位指名有力候補となる可能性もある。

class of 2020はレベルの高い学年として知られ、2021年のドラフトは豊作と予想されているが、そこにクミンガが加われば2021年が特別なドラフトとなる可能性は大幅に上がるだろう。

class of 2020への学年変更を検討しているクミンガだが、カレッジに行くか、海外プロに行くか、はたまたGリーグに行くのか次の進路については明言をしていない。4月16日にはtwitter上で"Top 5 coming soon"と投稿しているが、その後5月7日時点ではまだ進路に関するアップデートは出ていない。

進学先候補を公表※2020年5月23日追記


遂にジョナサン・クミンガが進学先候補を公表。
候補に挙がったのは

テキサス工科大

デューク大

ケンタッキー大

オーバーン大

Gリーグ

テキサス工科大にはクミンガの兄が在籍しているので、カレッジに行くのであれば、有力候補となりそう。定番のデューク大とケンタッキー大は今年のメンバーは既に揃ってしまっているので、どうなのだろう?

有力候補はテキサス工科大とGリーグと予想します。