高校屈指のスコアリングガード、シャリーフ・クーパーはオーバーン大へ

ジョージア州の強豪校、マッキーチャンハイスクールの絶対的司令塔、シャリーフ・クーパー。ジュニア(日本の高2相当)のシーズンには、1学年上のアイザック・オコロと共にチームをシーズン無敗に牽引し、USA Today誌選出の最優秀選手賞、Max Prep選出の最優秀選手賞を獲得した。

クーパーが進路として選択したのは、高校の先輩であるオコロと同じくオーバーン大。(オコロは2020年のドラフトにアーリーエントリーの為、カレッジで揃ってプレーすることはないが。)

オーバーン大はヘッドコーチであるブルース・パールの下、近年着実に力を付け、2019年にはチーム史上初となるFinal4進出を達成している。

今季注目のフレッシュマンについてはこちらも是非。

プロフィール

氏名シャリーフ・クーパー
カレッジオーバーン大
ESPN
ランキング
19位
生年月日2001年6月11日
ポジションPG
出身校マッキーチャンハイスクール
(ジョージア州)
主な個人賞USA Today最優秀選手賞
Max Preps最優秀選手賞
マクドナルドオールアメリン
ジョージア州Mrバスケットボール
特記事項姉のティア・クーパーは2020年のWNBAドラフトで2巡目指名を受けている。
長所・クイック且つスムースなプレー
・どこからでも点を取れる高い得点スキル
・広い視野と的確なパススキル
懸念事項・サイズ不足

ハイライト

学年屈指の正統派ポイントガード

下級生の頃から活躍を続けてきたシャリーフ・クーパーも遂にカレッジへ。サイズこそ平均以下だが、突出したスキルでチームを勝利に導く事の出来る正統派ポイントガードだ。

彼のプレーの中で真っ先に目に付くのが高い得点能力だろう。抜群のクイックネスを駆使し、いとも簡単にスルスルとディフェンスを切り裂き、フィジカルコンタクトを恐れない強気のプレーでFTを獲得し得点を量産する。アウトサイドシュートのレンジと精度も高く、スペースが空けばどこからでもシュートを沈めてしまう。

勿論ポイントガードとしてのゲームメークと視野の広さも超一流。ディフェンスのマークがクーパーに寄ると、ワイドオープンの選手に的確なアシストを供給する。ディフェンスのレベルが上がるカレッジでは、高校以上にパススキルを発揮する機会が増えるはずだ。

プレースタイルこそ違えど、ディフェンスを圧倒する抜群のオフェンスセンスは、現在NBAで活躍するトレー・ヤングを思い出させる。

懸念はサイズ不足によるディフェンス。オフェンスのプレーの先を読むセンスはあるが、サイズに勝るプレーヤーやパワフルなプレーヤーへのディフェンスがどこまで出来るかだろうか?

オーバーン大で1年目からエースに

近年目覚ましい活躍を続けているオーバーン大だが、昨季の主力の多くはシニアの為、卒業でチームを去ってしまう。フレッシュマンながらチーム2位の平均得点を上げたクーパーの高校の先輩、アイザック・オコロもアーリーエントリーでNBA行きを決めた。

今季は昨季からメンバーが一新され、クーパーは1年目からチームのスコアリングリーダー兼フロアリーダーとして、チームの主役となる。

同期にはジェイレン・グリーンやグレッグ・ブラウンが加入する期待もあったが、叶わず。同期の中では、アスレティックなプレーが光るコンボフォワードのJT・ソーがクーパーの相棒として躍動するだろう。

昨年からの主力が不在となる今季のオーバーン大の命運は、シャリーフ・クーパーが握っている。